☆ペリーヌ物語の部屋に戻る ☆夢のほとりに戻る

ペリーヌ掲示板

2006年11月


またですか;汗
投稿者 OKYAJun&汐咲遥都 投稿日 11月3日(金)14時49分 削除

OKYAJun&汐咲遥都です、こんにちは。

また↓に迷惑書き込みがありますね。
ここの掲示板の常連さんたちはまともな方ばかりですから、
迷惑書き込みをしても無駄ですよね。


困った書き込み
投稿者 まるふく 投稿日 11月4日(土)00時14分 削除

うちのBBSもここ1年書き込みがあったと思ったら、こういう宣伝書き込みばかり。
ホント困った書き込みが多いですね。どこかに登録されていているものと思われます。
アクセスログをみても、大体が毎回変わる踏み台経由なので、アクセス元を禁止しても駄目。
CGIの名前を変えたり、場所を変えても、書き込みエラーが出たら、またトップページから
書き込み人は探してくださいます。
相手が自動ツールの場合は perrinebbs.cgiは書き込みだけできる偽物ダミーのCGIにしておけば、
自動ツールにはせっせとそこだけへ書いてくれたりするので、われわれが今使っているログへかける
本物をperrinebbs2.cgiとかのにして、トップからのリンクをそこへ張り直すとしのげます。
しかし、アルバイト人間がやっているとどうしようもありません。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 11月4日(土)05時23分 削除

★OKYAJunさん、まるふくさん
 迷惑書き込みは本当に困りものですね。
 うちでは夢のほとりのらくがき帳の方はURLを変更して、一時凌ぎをしてますが、また増えてきたので最近再び変更しました。
 ペリーヌの方はそちらに比べると少ないのですけど、このところ同じ人が続けて毎日迷惑書き込みをしているようです。今のところ一日に1〜2通なのでこまめに消すことで対処してますけれど、あんまり増えるようであればまた対策を考えなくてはいけないかも知れません。
 うちが使ってるCGIではアクセス制限とかは出来ませんけれど、ダミーのCGIを用意しておくというのは一つの手をして使えるかも知れませんね。今後の対処法の一つとして考えてみようかな、と思います。


訃報
投稿者 hiro 投稿日 11月5日(日)13時37分 削除

ポール・モーリアさんが、亡くなりましたね。
寂しいですね。(;_;)
御冥福をお祈り致します。

↓本当に迷惑な書き込みですね。
ためしにクリックしてみましたが、ほとんどfile not foundだし、
何を言いたいのかもわからない。
私も迷惑メールが多いので、ざくざく削除しちゃってます。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 11月6日(月)06時36分 削除

★hiroさん
 ん〜、ポール・モーリアさんですか。名前くらいは聞いたことありますけれど、私はあんまりよく知らないです・・。
 変な書き込みのURLはあんまりクリックしない方がよいと思いますよ。クリックしたらどうなるかあんまりよくは知らないですけど、変なことにならないとも限らないみたいなので……。


イージーリスニング
投稿者 hiro 投稿日 11月7日(火)21時05分 削除

ご助言、ありがとうございます。
気をつけながらクリックします(同じか?)。

ご存知の方も多いでしょうが、
ポール・モーリアさんは、イージーリスニングという音楽ジャンルの第一人者(のひとり)ですね。
私の中では、『ペリーヌ』とイージーリスニングは、かなり近い関係にあります。
私がこの音楽を聴くようになったのも、『ペリーヌ』の影響が大きいです。
『ペリーヌ』本放送を見て、フランスという国に憧れを持つようになった私は、イージーリスニングをよく聴くようになりました。
イージーリスニングには、フランスの楽団が圧倒的に多いんですね。
その雰囲気も、『ペリーヌ』に通じるところがあります。
私の好きな楽団および個人は、
ポール・モーリア、レイモン・ルフェーブル、リチャード・クレイダーマン、
ザンフィル、ピエール・ポルトなどです。
『ペリーヌ』本放送の頃、『ワールド・オブ・エレガンス』という細川俊之さんがDJをやっていたFM番組があって、よくイージーリスニングの曲を掛けていました。
あとで知ったことですが、鶴ひろみさんも一時、ナレーションをやっていたようです。
何か縁を感じます。
イージーリスニングの全盛期は、ちょうど『ペリーヌ』本放送をやっていた頃のようで、今ではあまりはやりませんが、私は最も好きな音楽分野です。
決してマニアックではありませんけど。
興味のある方いらっしゃいますかね。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 11月8日(水)04時58分 削除

★hiroさん
 ん〜、ポール・モーリアさんについてはフランス人だということと、あと、『恋は水色』とか『涙のトッカータ』くらいは知ってますけれど、そのくらいですね〜。
 イージーリスニングの楽団はフランスに多いんですか。ふむふむ。


ジェットストリーム
投稿者 きり 投稿日 11月8日(水)07時24分 削除

お久しぶりです。
イージーリスニングの話題になったので。

ぼくの場合はジェットストリームからイージーリスニングに入りました。
もっとも父がイージーリスニングも好きだったから家族全員影響された事も
ありますが、ジェットストリームは毎日聴いていた気がします。録音した
テープも残っていたり(^^)

ジェットストリームはFM東京の番組。城達也氏のナレーション時代が一番
好きでした。あまりに有名な番組なんで、ナレーション入りのCDになって
たりします。

アニメのBGMとイージーリスニングって結構雰囲気似ていると思うのです。
ペリーヌのBGMもそういう感じがしますよね。

ちょっとペリーヌネタから離れるので、今週の週刊アスキーでペリーヌの
カットと作品紹介が載ってます。ビッグローブでやっているという宣伝
なんですが、ちょっと嬉しい。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 11月9日(木)05時07分 削除

★きりさん
 ペリーヌのBGMもイージーリスニング代わりに聞くのもいいかも知れませんね。アニメのBGMの場合はアニメのシーンが浮かんできそうですが、それもまたよいかも。
 月刊アスキーでペリーヌの紹介がされてますか。ネット配信なども最近増えているみたいですね。


『ペリーヌ』の影響
投稿者 hiro 投稿日 11月9日(木)21時58分 削除

きりさん、レスありがとうございます。
ジェットストリーム、私はあまり聴いたことなかったけど、
とてもよい番組だったようですね。
実は私、ジェットストリームのCDでなく、レコードを持っています。
もちろん、城達也さんのナレーション入りです。
当時、私は『ペリーヌ』の影響でヨーロッパ、とりわけフランスに憧れていました。
あるときレコード屋で、たまたま異国情緒豊かなジャケットのLPを見かけて思わず買ってしまいました。
それがそのレコードでした。曲はレーモン・ルフェーブルでした。
それがきっかけで、私はイージーリスニングに、はまってしまったようです。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 11月10日(金)05時41分 削除

★hiroさん
 ペリーヌの影響でフランスに興味を持って、そこからイージーリスニングに興味を持たれたんですか。
 一つのことからいろいろ興味の対象が広がって行くというのも楽しいことかも知れませんね。


世界名作劇場がついに復活します!
投稿者 OKYAJun&汐咲遥都 投稿日 11月10日(金)18時38分 削除

OKYAJun&汐咲遥都です、こんばんは。

何気なく、世界名作劇場ファンクラブサイトを見てみたら、
なんと世界名作劇場が復活します!

『レ・ミゼラブル〜少女コゼット』(2007年開始予定)

世界名作劇場24弾 と書いてありました。
原作はとても好きなので、今から楽しみです。まぁ、要望としては、
「余計な演出や解釈はせずに原作に忠実に」作成して欲しいです。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 11月11日(土)06時47分 削除

★OKYAJunさん
 うちにも「ラスカルと世界名作劇場ファンクラブ」からメールが来てました。
 どんな感じになるかは見てからのお楽しみでしょうけど、取り合えずBSフジでの放送とのことなので、うちでは見れないかなぁ、という気がします。
 BIGLOBEで配信というのもありますけれど、これはどうなのでしょうか……。有料なんかなぁ・・。
『レ・ミゼラブル』というとペリーヌとも少し関連のある作品でもありますし、原作はよく知ってますので、見れるようなら見てみようかな、とは思ってます。

 取り合えず公式サイトのアドレスを貼り付けておきます。
http://www.nippon-animation.co.jp/lesmise/


そう言えば
投稿者 OKYAJun&汐咲遥都 投稿日 11月11日(土)11時52分 削除

OKYAJun&汐咲遥都です。

>『レ・ミゼラブル』というとペリーヌとも
>少し関連のある作品でもありますし、

一瞬「?」と思いましたが、すぐに思い出しました。
ファブリさんがペリーヌに貸す本が
『レ・ミゼラブル』だったんですよね。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 11月12日(日)05時14分 削除

★OKYAJunさん
 そうでしたね。ペリーヌは名前を変えて市長になったジャン・バルジャンに、同じように名前を変えて工場で働いている自分を重ね合わせてましたね。


その後のペリーヌ
投稿者 hiro 投稿日 11月18日(土)13時13分 削除

今、『電撃戦(ハインツ・グデーリアン著)』という本を読んでいます。
グデーリアンは、ナチスドイツ軍の装甲部隊(戦車隊)を創設した将軍です。
その記述によると、ナチスドイツ軍はフランス戦のとき、アミアンからアベヴィルにかけても進撃したようです。
つまり、ピキニも通ったことになります。
『ペリーヌの風景』のモーグリさんのところでは、第一次大戦のことが書かれていますが、第二次でもたいへんだったようですね。
ファンの方が、ペリーヌのその後をみな心配するゆえんですね。
でも、きっとペリーヌならば、うまく立ち回っただろうと、やっぱり思いますね。

名劇復活うれしいですね(私はBS見られないけど)。
でも、やっぱり昔のキャラクターデザインに惹かれてしまう部分もあります。


う〜ん・・。
投稿者 眠夢 投稿日 11月19日(日)05時12分 削除

 このところスパムが随分増えてきたようで・・・。そろそろ対策も考えた方がいいかな・・。

★hiroさん
 第一次、第二次対戦で北フランスが戦場になった、ということで、ペリーヌたちも苦労したんじゃないか、という話は時々話題になるようです。
 まあその辺は人それぞれいろいろ想像力を働かせる材料になりますし、それはそれで面白いと思いますけれど、私的にはペリーヌの物語はあの時点で完結してますので、大戦とかは現実のこの世界と架空のあの世界では別物と考えてもいいんじゃないか、という気がしています。


はじめまして
投稿者 通りすがりのオコジョさん 投稿日 11月21日(火)23時25分 削除

はじめまして。
ペリーヌ物語ファンです。
名劇グッズは興味がありましてグッズのコーナーを拝見したら
赤い浮き輪・・しかもなーんとエドモンが!!影響力は大だけど
本作品中でも顔を忘れるくらい登場度が低いのにナゼここに?!
ちょっとカンドーしたのでカキコしました。では!


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 11月22日(水)04時47分 削除

★通りすがりのオコジョさん
 いらっしゃいませ〜! 書き込みして頂いてどうもありがとうございます!!(^_^)
 グッズコーナー、見て頂いてどうもありがとうございます。言われてみるとエドモンって登場シーンも少ないですし、グッズに顔が印刷されてるってちょっとびっくりかも知れませんね。
 これは私の想像ですけど、浮き輪というと夏の物ですし、この浮き輪が発売されたのが放送された年だったとすれば、まだストーリーがあまり進んでない頃に企画されて製作されたため、使えるキャラが少なくて、エドモンにもお鉢が回ってきた、と、考えるのはどうでしょうか。(笑)


こんばんは
投稿者 hiro 投稿日 11月28日(火)19時55分 削除

レコードのジャケットにも、エドモンさん登場しています。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 11月29日(水)05時18分 削除

★hiroさん
 レコードのジャケットにもエドモンのイラストがありましたか。まだ放送が進んでない頃に発売されたグッズには結構あるのかも知れませんね。


☆ペリーヌ物語の部屋に戻る
☆夢のほとりに戻る
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO