☆ペリーヌ物語の部屋に戻る ☆夢のほとりに戻る

ペリーヌ掲示板

2005年10月

RAMリスト 2005年10月
名前書き込み数ホームページ
くまっち 11 http://www.kumaya.homeip.net/perrine/index.html 
アン子  
OKYAJun&汐咲遥都 http://www17.ocn.ne.jp/~shiosaki/ 
にくにく  
Hiro  
江戸門団鉄 http://oneplus.hp.infoseek.co.jp/
眠夢 15 http://www2s.biglobe.ne.jp/~nem/perrine/perrine.html
総参加者数=7名 総書き込み数=36

さすが2ちゃんねる、暇な人がいるものですね
投稿者 くまっち 投稿日 10月2日(日)19時41分

こないだの書き込みもコピペされていました。
なにを期待しているのでしょう?(謎)


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月3日(月)07時16分

★くまっち男爵さん
 ふ〜ん。まあ別に気にする必要もないんじゃないですか?
 自分の頭で物事を考える能力はないので、他人の発言をコピペしてでも誰かに注目されたい、とか、そんなところじゃないのかな?


うにゃ
投稿者 くまっち 投稿日 10月3日(月)07時36分

少々神経過敏ですか?
いろいろありますものね。
でもやっぱりめげないわ(笑)


こんにちは
投稿者 眠夢 投稿日 10月4日(火)10時56分

★くまっち男爵さん
 そうですね。メゲずに秘書服やドロワーズの制作、頑張って下さい〜。(^_^)


作る作ると言いながら
投稿者 くまっち 投稿日 10月6日(木)22時07分

なかなか進まないのがわたしのわるいくせなんです(^^;
でも型紙にようやく手を付けました。
まずはドロワーズからリトライです。
商品化したら買ってくれる人いるかしら?(笑)


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月7日(金)05時09分

★くまっちさん
>作る作ると言いながら
>なかなか進まないのがわたしのわるいくせなんです(^^;

 ん〜、まあ人間ってそんなもんじゃないでしょうか。ペリーヌみたいに勤勉な人ってそんなに多くはないと思います。それにペリーヌの場合は必要に迫られていた、という事情もありますしね。
 自分のペースでぼちぼちとやればいいんじゃないかと思います。

 商品化ですか。確か予約してる人が一人いたような・・・。


別冊PHP(月刊)
投稿者 アン子 投稿日 10月8日(土)21時59分

アルプスの少女ハイジ   フランダースの犬
母をたずねて三千里   あらいぐまラスカル
・・・・・と先月号まで、別冊PHPに記事がありました。
で 今月(11月号)は 赤毛のアンでした。

やはり、ペリーヌは知っている人が少ないのと
あとは、記事にする お話の提供者も少ないのかなあと
思います。
(まあ、別冊PHP11月号を見れば どういうことか
わかってもらえると思います。)

次の号で トム・ソーヤを 取り上げてこの記事は
おわりに なるのかなあと思います。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月9日(日)06時08分

★アン子さん
 なんつうか・・・。(^_^;)
 放送された順番通りに来ていて一作品だけポンと飛ばされるというのは、知名度が低いと言うのは判っていてもちょっと悔しいですね・・。
 他の作品に比べても引けを取らない素晴らしい作品だと思うんですけど、同じ世界名作劇場という枠の作品の中で、なんでこういう差がついてしまったのか、不可解ですね・・。


アニメージュ
投稿者 アン子 投稿日 10月9日(日)20時45分

今月号では ペリーヌについての投稿が ありました。

なんで きのう書かなかったのかというと きのうはアニメージュが
なかったからです。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月10日(月)06時43分

★アン子さん
 アニメージュですか。ナウシカの連載が終わって以来、買ってませんのでなんか懐かしいです。(^_^;)
 ペリーヌに関する投稿がありましたか。ふむふむ。


視聴率を見てみると・・・
投稿者 OKYAJun&汐咲遥都 投稿日 10月10日(月)22時44分

汐咲遥都&OKYAJunです。

私が所持している資料によると、平均視聴率は

フランダースの犬   22.5%
母をたずねて三千里 21.3%
あらいぐまラスカル  21.6%
ペリーヌ物語      16.9%
赤毛のアン       16.2%
トムソーヤの冒険   15.5%

となっています。基本的に、名劇シリーズは視聴率が低下していきます。
意外なことに、『赤毛のアン』よりも『ペリーヌ物語』の方が
視聴率が良かったのです。そうなると、やはり
原作の著名度が低いからでしょうか?
完成度は他作品に引けを取らない(むしろ秀作の部類)なのですが。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月11日(火)05時49分

★OKYAJunさん
 なるほど。ペリーヌは赤毛のアンやトム・ソーヤーよりは視聴率が高かったんですね。
 しかし前の三つと比べるとペリーヌでガクンと視聴率が下がってるというのも確かなようです。
で、ペリーヌで視聴率が下がったので、アンとかトム・ソーヤーなどの有名な原作を持ってきて、視聴率回復を狙ったが思うようにはいかなかった、という感じでしょうか。

 ペリーヌも後半は劇的な展開で感動的なんですけど、前半は少々地味ですのでその辺の影響で視聴率が低下してしまったのかも知れませんね。原作の知名度の低さという点ではマルコやラスカルもそんなに変わらない気がしますし……。


はじめまして
投稿者 にくにく 投稿日 10月17日(月)14時14分

突然ですいません。
ペリーヌのコレクションを見て、書き込ませていただきした。

じつはウチの姪が2005年夏に遊びに来たのですが、その時につかってた浮き輪
が「ペリーヌ」でした。
これ、妹が小さい頃に使ってたんですが、現役で使っているのです!
浮き輪には1978という年代がプリントされてます。
まさに25年以上の価値あるものかも!?

そもそも、この「ペリーヌ」を知らず(妹も見たこと無いそうです)、
ネット検索してようやく概要を掴んだ次第です。
ココの掲示板も、そういう背景でクリック&書き込みしました。

こないだBS2で放映されてたんで、引き続き見ていこうと思います。
(最初からみたいんですけどね…再放送で最初から放映して欲しい)

他の方の書込みと、話題がズレてますんで、不都合あればご指摘ください。
姪に浮き輪は大事にするよう、今度あったら伝えたいと思います(^−^)


久しぶりに見ました。
投稿者 Hiro 投稿日 10月17日(月)21時44分

久しぶりに書き込みさせていただきました。
以前は、民族論争まで起こしてしまいましたが、、、
(その後、フランス・カルチャーショックからも立ち直りまして、
冷静さを取り戻しました。)
さて、私、遅ればせながら結婚しました。
そこで、妻と一緒にDVDを借りて、「ペリーヌ」を見ました。
妻となる人には、是非、この話をわかって欲しかったからです。
実は、妻は中国人です。
以前、彼女に会いに北京に行った時、
「バロンの気持ち」さんで紹介されている「孤女努力記」を買って、
読んでもらいました。
読み終わったとき、感動して涙が出て来たそうです。
アニメのほうも、とても面白かったそうです。
よかった。
私も、改めて、この話の面白さを確認しました。
私事で失礼しました。

追伸:実は、妻は1978年生まれです。


シャモニー
投稿者 眠夢 投稿日 10月18日(火)06時06分

 先日、ぶらぶらと東山の方を散歩してたのですけれど、銀閣寺の近くで『プチレストラン シャモニー』というお店を見つけました。
 ネットで検索してみたら出てきました。ここみたいです。(http://web.kyoto-inet.or.jp/people/shin1/
 前に検索して、あ、こんな店あるんだなぁ、と思ったことがあったような気がするのですが、行ったことはありませんでした。偶然見つけてちょっとラッキー、みたいな気分になりました。(て、中には入らなかったですけれど。)
 ペリーヌ物語と関係あるかどうかは判りませんけれど、同じ名前ってのがなんか嬉しいですね〜。

★にくにくさん
 いらっしゃいませ〜!! 書き込みして頂いてどうもありがとうございます!!

 妹さんちにペリーヌの浮き輪が残ってるんですか。子供の頃に使っていた浮き輪が今も残っていて、それをまた娘さんがまた使ってるって素晴らしいことですね。
 それにしてもにくにくさんも妹さんも『ペリーヌ物語』を知らなかったのに、ペリーヌの浮き輪が残っていたというのはちょっと謎ですね。もしかしたら見てはいたけど幼い頃だったので記憶に残っていなかったのか、にくにくさんのお母さんが見ていて気に入ってて、娘に浮き輪を買ったのか、それともアニメは知らなかったけど、たまたまよく判らないけどアニメの女の子がプリントされた浮き輪だったので買った、ということなのか、いろいろ想像が膨らみます。
 BS2の再放送の方はほぼ半分終わってしまってます。最初の方を見られなかったというのは残念に思われるかも知れませんが、これからどんどん面白くなっていくところなので、見て損はないと思います。
 話題がずれてるなんてことは全然ないですよ。ここはペリーヌの掲示板ですから、ペリーヌの話題は大歓迎です。また気軽に書き込みにきて下さいね。(^_^)

★Hiroさん
 どうもお久しぶりです。
て、どんな方だったか記憶が曖昧だったので、掲示板のLOGを検索してみました。2003年の1月頃に書き込みに来て下さってた方ですね。
 あ、こんな話もしてたなぁ、と懐かしく思い出しながら過去LOGを読んでました。
 結婚されたんですか。おめでとうございます。奥さんはペリーヌ物語が放送された年に生まれた女性なんですね。
 中国の方だそうですが、ペリーヌの原作を読んで、アニメを見て、日本人と同じように感動しておられたと聞くと、ファンの一人として私も凄く嬉しいです。
 それに夫婦で同じ作品を好きになれるというのも嬉しいことですね。
 末長くお幸せに過ごされることをお祈りしています。(^_^)


浮き輪の秘密
投稿者 にくにく 投稿日 10月18日(火)13時35分

眠夢さん、レスありがとうございます。
さっそくお言葉に甘え、書き込みます。

浮き輪は写真をとる機会があれば、画像として送りますね。
(夏に見た限りでは、プリントは鮮明でした。)

実は、この浮き輪、父が倉庫にしまっていたそうなんですよね。
姪が誕生したので、私や妹の小さい頃の物品を洗い出した際に
出てきた品物だったそうです。
…物持ちのよい父に感謝!かもしれません。
それ以上に、姪が気に入ってくれことも。

でも、購入した時期は、当時の放映時期からするとズレているため、
どういう経緯で購入したのか全く検討がつきません…。
母は遠い昔の記憶で、分からない、といってます。
つまり、母もペリーヌは知らないことを物語っています(>_<)
多分、女の子がプリントしている説が最有力なのでしょう。
(バーゲンだったのかも!? まぁ今は貴重なモノなのですが♪)

また話題が増えてきたら書込みますので、よろしくお願いします。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月19日(水)05時30分

★にくにくさん
 お母さんもペリーヌは御存知なさそうなんですか。するとやっぱり絵がかわいかったから買ったとかそういう可能性が高そうですね。放送時期からずれてたという話からすると、値引きされてた、という説も有力でしょうか。(笑)

 お父さんが倉庫にしまっておられたとのことですが、子供の頃のものを残してくれているというのは嬉しいことですね。
 世の中には子供の頃に遊んでいたおもちゃをいつの間にか親に勝手に捨てられてしまった、と言って嘆いていたり、という人も結構いるようです。それを思うといいお父さんだなぁ、と思います。

 浮き輪の画像、送って頂けたら、グッズのコーナーに掲載させて頂きますね。(^_^)


中の人が壊れました
投稿者 くまっち 投稿日 10月20日(木)20時22分

しばらく制作活動はお休みです。
復旧のめどはまだ立っていません>中の人


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月21日(金)06時55分

★くまっちさん
 ふむ・・。制作活動は暫くお休みですか。
 いろいろあると思いますけれど、いずれ復旧して制作活動に戻られることをお待ちしております。


おはようございます
投稿者 くまっち 投稿日 10月23日(日)09時30分

何とか本格的な復旧作業に入れそうです>中の人
ここの所、少しは元気です、でもすべてではないですが・・・
結果は火曜日以降ということで・・・


謝謝
投稿者 Hiro 投稿日 10月23日(日)16時24分

眠夢さん、ご丁寧なレスありがとうございます。
今日、妻といっしょに東京駅の日本アニメーションのお店を見て来ました。
でも、大多数はラスカルのグッズのようでした。
それにしても、にくにくさんの浮き輪、丈夫にできていますね。
そういえば、ペリーヌの本放送をやっている頃、
パッケージにペリーヌの絵の入ったチョコレートを売っていたのを思い出しました。
(買ってみればよかった、、、)


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月24日(月)05時18分

★くまっちさん
 少しずつ元気が戻ってきてますか。それはなによりでした。(^_^)
 完全な復旧まではまだまだとのことですが、のんびり焦らずマイペースで復旧するのがいいんじゃないかな、と思います。
 怪しい計画を立ててる来年の冬コミまではまだまだ時間がありますしね。(笑)

★Hiroさん
 東京駅のお店は名前からして確か「ラスカルショップ」ですもんね。ラスカル、フランダースなどが中心って感じで、ペリーヌのグッズは少なくて、見つけたらラッキーみたいな感じなのがちょっと寂しいです。
 ペリーヌの絵が入ったチョコレートですか。にくにくさんが書いておられた浮き輪もそうですが、放送当時ならいろいろグッズがあったでしょうね。
 もしもタイムマシンがあったなら、当時に戻っていろいろ買い漁ってくるのに、、なんて妄想を抱いてしまいますけれど、唯、当時は聖徳太子や伊藤博文のの時代だったので、今のお札は使えないのが難点でしょうか・・。(苦笑)


ペリーヌのポケットティッシュ
投稿者 くまっち 投稿日 10月24日(月)07時28分

おはようざいます

当時、ランチョンマットほしさに買いあさっていました(笑)
おかげさまで、見事当たりましたが、応募者が少なかったのでしょうか?(苦笑)

絵柄がかわいいので10数年ほど前にミ●キー●モのポケットティッシュを買いあさったことがあります、こちらはまだのこっていますけど、ペリーヌのはもうありません。
使わずとっておけばよかった、残念。


22万!
投稿者 江戸門団鉄 投稿日 10月24日(月)23時13分

 今日、こちらへ来たところ、220035ヒット目でした。
 ペリーヌファンは他の名作ファンに比べると目立ちませんが、やはり根強い人気があるという証拠ですね。

 わたしもそろそろ次の作品に取り掛からないと・・・。
 アイディアだけならあるんですが、いざそれを一つの作品にするとなると、これがなかなか難しいんですよね。
 ちなみに今、一番書きたいペリーヌの二次作品は、「リュパン対ペリーヌ」なんですが、具体的にどう対決させるかのアイディアが思いつきません(笑)。
 後は、長年の懸案となっている「機動流離譚」の立ち上げでしょうか。

http://oneplus.hp.infoseek.co.jp


おはようございます
投稿者 くまっち 投稿日 10月25日(火)04時28分

今からシャワー浴びて中の人の病状を聞いてきます。
結果次第で制作活動に戻れるといいのですが、生活の為の活動にも戻らないといけないようで・・・
150キロぐらい離れているので5日で着いて(をいをい)、途中で野たれ死な無いといいのですが、かわいがった猫でも助けてくれるそうなので大丈夫でしょう(笑)
それでは行ってきます


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月25日(火)05時28分

★くまっちさん
 ポケットティッシュで懸賞をやってたんですか。放送当時はやはりいろいろとあったんですね。ポケットティッシュも今だったら勿体なくて使えないでしょうね。
 中の人、いよいよ本格的に復旧作業という感じでしょうか。それにしてもこんなに朝早くから出掛けられるということは遠くまで赴かれるんですね。
 道中気をつけて。よい結果が出るとよいですね。

★江戸門団鉄さん
 22万ヒットですか。ペリーヌは一般の人にはあまり知られてませんけど、熱心なファンの方も多いですもんね。
「リュパン対ペリーヌ」と言うのも魅力的な響きがありますね〜。ストーリーを作るとするとどんなものが考えられるでしょうか。例えば・・・。
『ペリーヌがマロクールに到着した時、既に祖父は他界していて会社はタルエルとテオドールに支配されていた。ビルフランの孫だと名乗るペリーヌを彼らは丁重に遇するように見せかけて、厳重な監視下に置く。ビルフランが残した筈の今も行方が知れない莫大な遺産の隠し場所の謎を解く鍵をこの少女が握っていると睨んでいるのだ。そしてその莫大な遺産を狙ってリュパンもマロクールにやってきた。』

 な〜んてどうでしょう。で、ペリーヌは指輪だかペンダントだか何かアイテムを持っていて、それがなにか謎を解く鍵を握ってるとか、或いはその指輪はお金に困ってパリに入る前に売ってしまって、それを偶然手に入れて謎を半分くらい解いたリュパンがマロクールにやってくるとかね。

 いや、今即興で考えただけなので、かなりいい加減な設定ですけれど。(^_^;) 


おはようございます
投稿者 くまっち 投稿日 10月26日(水)07時52分

昨日の診察は問診についての質問、法律云々と、ここで出来る治療、これからの診察の進め方の説明ぐらいだけでした。
ただお金がかかることを強調されたのは少しめげました。

やっぱり、ペリーヌのコスチューム一通り作って売ってお金か稼がないとだめなのか知らん・・・
名作劇場キャラのコスチュームをシリーズで作ったら売れるかな?
でも今は見本を全て作るのは無理ですが・・・
今度ネットでガレージショップ開くのでそこで売ろうともくろんだこともありましたが、今は需要が無さそうなのでやめようかと思っています。


著作権?
投稿者 Hiro 投稿日 10月26日(水)20時55分

あれは、「ラスカルショップ」でしたか、ははは。
意識していませんでした。
でも、「ハイジ」のグッズが置いてあったのは、少し意外でした。
「ハイジ」は著作権が日本アニメーションでないせいか、
いつもは別扱いされることも多いような気がしますが。
「アルプスの少女ハイジ」の著作権者、ズイヨーは日本アニメーションの
前身でしたよね?


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月27日(木)06時22分

★くまっちさん
 ふむ・・。インフォームドコンセントって奴でしょうか。お金がかかることを強調された、という部分、なんだかサンドリエ先生を連想してしまいました。
 私はあんまり医者にはかかったことがないので判らない部分も多いのですけど、いろいろ大変なようですね。

 名劇衣装の需要に関してはどうでしょうか。名劇の熱心なファンの人の中には欲しいと思う人もいるか、と思いますけれど、それがどの程度かなかなか判断がつきません。
 秋葉原や日本橋にはコスプレショップとかあって、アニメやゲームのキャラの衣装が売られてますけれど、どういう人が買っているのか想像してみると、自分で着てコスプレしたい、という人もいれば、飾っておいて見て楽しむという人もいるでしょうし、或いは子供に着せてみたい、という人もいるんじゃないかな、という気がします。
 唯、現時点で流行りのキャラと昔懐かしいというイメージの名劇キャラとでは需要には大きな差があるかと思いますけれど。

★Hiroさん
 名劇ショップにはハイジのグッズも確かに多いですね。一般的にはハイジと日アニ作品と区別されることも多いようですが、ファンの立場からすると一連の作品という印象が強いですし、ハイジを仲間はずれにする方が違和感があると思います。
 日アニは確かズイヨーから独立した、ということじゃなかったでしょうか。


おはようございます
投稿者 くまっち 投稿日 10月28日(金)06時50分

>アニメやゲームのキャラの衣装が売られてますけれど
他サイトでなぜかアニメショップを出してはいかがという意見をもらいました。
扱うものは特定されていませんですけど。
ウチにあるのは20年数前のアニメ雑誌ぐらいしかすぐ売れるものはありません。
そんなものでも売れるのかしら?
面倒くさいのは自分が自分に売ったように伝票を書かなければいけないのが面倒ですけど。
テクノポリスなんか創刊号からありますよ(笑)


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月28日(金)07時44分

★くまっちさん
 20数年前のアニメ雑誌というものがどの程度の価値を持っているのか、私には判りませんが、アニメファンの人の中には欲しいと思う人もいるのかも知れませんね。
 唯、それでショップを開くというのはどんなものかと思いますけれど。て、いうか手元にある昔の物って売れてしまったらそれで終わりじゃないですか。
 衣装屋さんやるんだったら、くまっちさんの技術がどの程度かって話になりますけど、例えば名劇にこだわらず、コスプレ衣装のオーダーメイド、みたいなことだったら、需要はあるかも知れませんね。
 しかし趣味の延長として好きな服を作って、稼ぎとかにこだわらず自分の作った服を買って着てくれる人がいたら嬉しい、という程度ならば問題ないと思いますが、それで稼ぎたいということならば、なかなか簡単なことではないんじゃないかな、という気がします。


ガレージショップにします
投稿者 くまっち 投稿日 10月28日(金)11時40分

古物の資格があるので品物にこだわらす中古物品の売買は出来るのです。
主なものとして衣類で登録してありますが切手・チケットから車まで扱えるのです。
他の人のものを預かって代理販売も可能ですし、自分が主宰してオークションも出来ます。
でも器用貧乏になるのはもう嫌なのでしっかり見つめ、考えたいと思っています。
とうとう車を運転するのも体が拒絶するようになりましたから(運転するとすぐ眠くなるのです)
どなたかのコスプレ衣装を預かったり買ったりしてウェブで売るのも良いかもしれませんか?


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月29日(土)07時39分

★くまっちさん
 なるほど、古物の資格というものを持っておられるんですか。
 つまり商売の経験とかはそれなりにあるということですね。
 アニメ、オタク関係の古物というと、昔のおもちゃにプレミアがついていたり、ガチャポンのフィギュアなんかがバラ売りされていたり、あとは古本、古同人誌なんてのもあるでしょうか。秋葉原とか日本橋にはそういうショップが沢山ありますね。
 コスプレ衣装のリサイクルというのが、どの程度売りたい人買いたい人がいるものか、そういうものが欲しいという人がある程度はいるにしても、商売として成り立つくらいに需要があるかどうかは、なかなか予測が難しいです。
 まあ新しい商売を始める場合にはある程度のリスクが伴うのは、当たり前のことなのかも知れませんけれど。


新番組「ペリーヌ物語」
投稿者 Hiro 投稿日 10月30日(日)13時08分

最近、「ペリーヌ」のDVDを借りたついでに、「ラスカル」のDVDの最終巻を借りてきて、新番組「ペリーヌ物語」の紹介を見てみました。
素朴な挿し絵などもあって、微笑ましく懐かしい気持ちになりました。
そういえば、当時、CMでも新番組「ペリーヌ物語」の紹介をやっていたのをかすかに覚えている。
遠いあの日、、、
「ペリーヌ物語」は絵が古いなどという意見をどこかで読んだ気がしますが、
28年前の作品ですからね。そういう部分もあるかもしれません。
今のアニメは確かに絵がたいへん綺麗ですね。
しかし、長年の技術の積み重ねや働いている人達の苦労があって、今日の日本のアニメがあると若い人達には思ってもらいたいですね。
でも、日本アニメーションの作品の、背景の絵の美しさは、当時から定評があったように思います。

くまっちさん。ペリーヌの衣装、良い物ができれば、私は買うかもしれません。
妻に着せます(笑)。


あら
投稿者 くまっち 投稿日 10月30日(日)16時25分

>くまっちさん。ペリーヌの衣装、良い物ができれば、私は買うかもしれません。

お二人目のお客様が。。。でももう少しお待ちください、開店準備中なのです。
でもうれしい p(^_^)q


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月31日(月)05時21分

★Hiroさん
 本放送前のペリーヌの新番組紹介のCMを微かながらも覚えておられますか。それはすごいです。
「絵が古い」とか言われるとそれはその通りなんでしょうね。唯、ペリーヌも丁寧に描写されていると思いますし、絵がきれいだということと、作品の面白さが必ずしも直結する訳ではありませんし、古い作品でも根強い支持を受けている作品は、絵の新しさ古さなどということを超越した面白さを持っていると思います。

 ペリーヌ衣装、そういえばHiroさんのところは奥さんもペリーヌのファンですもんね。夫婦で同じ作品が好きだといろいろ楽しみが広がりそうですね。

★くまっちさん
 お客さんになってくれそうな人が増えてよかったですね。熱心なファンの人の中にはやはりキャラの着ていた衣装が欲しい、と思う人もいるってことですね。


☆ペリーヌ物語の部屋に戻る
☆夢のほとりに戻る
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO