☆ペリーヌ物語の部屋に戻る ☆夢のほとりに戻る

ペリーヌ掲示板

2004年1月

RAMリスト 2004年1月
名前書き込み数ホームページ
綺丞相文郷侯・池野水城  
ZAMB  
娯輪波  
e_nono http://users.hoops.ne.jp/e_nono/
ヒデ http://www1.tcnet.ne.jp/t-1091/En-top.htm 
momi  
マキコ  
まるふく http://perrine.jdyn.cc/index.html 
具礼須 バロン http://www2.synapse.ne.jp/palikare/ 
みこ  
MAM http://fruit.gaiax.com/home/mamoru_aizawa
江戸門団鉄 http://web4.freecom.ne.jp/~hirosy/index.htm
OKYAJun  
エリエリ  
萬里尋母  
nambu  
のりきよ  
モーグリ  
眠夢 14 http://www2s.biglobe.ne.jp/~nem/
総参加者数=19名 総書き込み数=39

明けましておめでとうございます
投稿者 綺丞相文郷侯・池野水城 投稿日 1月1日(木)00時00分

 今年もよろしくお願いいたします。
 さて、皇紀二千六百六十四年を迎えたわけですが、今年は毎日の生活にさりげなく名劇を取り入れていきたいなと思う所存であります。こういう世の中、やはり名劇を観て力をつけないといけませんね。ペリーヌは一応全話持っているのですが、今度53回日曜日がある西暦2006年まで待つのもいいかも知れませんね。
1978 1989 1995 2006 2017 2023 2034 2045 2051 2062 2079 2090
という具合で53日曜日の年があると思うのですが。
でもなんかビデオや何かがあると「いつか観よう」と思って全然観なかったりしますよね。
 ところで、パトラッシュとラスカルのぬいぐるみが付いてくるのはアイスの詰め合わせですね。私も買おうかと思いましたが、そんなに沢山アイスがあっても仕方無いし、それだったらラスカルショップで似たようなの買ったほうがいいと思って、やめてしまったのでした。
ラスカルショップといえば、去年の夏に、東京駅で迷いつつ、ポストカードと携帯電話のアンテナ飾りを買いました。アンテナのやつはちょっと壊れてしまいましたが。

というわけで、今年もよろしくお願いします。
 夢幻斎


あけましておめでとうございます
投稿者 ZAMB 投稿日 1月1日(木)00時01分

今年はやられちゃいました。
普通の御挨拶ですが本年も宜しく御願い申し上げます。


あけましておめでとうございます。
投稿者 娯輪波 投稿日 1月1日(木)00時44分

今年も宜しく、お願い致します。
さあ恒例の第1話放送記念日ですね(笑)。


あけましておめでとうございます!!
投稿者 眠夢 投稿日 1月1日(木)06時12分

 今年もよろしくお願いします。
 てなところで年初にあたって今年の目標、っていうか、今年はペリーヌの本を作れたらいいな、とか思ってます。ペリーヌ本をいつか作りたい、ペリーヌのマンガを描きたい、というのは同人を始めてからの念願でもあったのですが、そろそろやってみようかな、という気持ちになってきました。
で、取り合えず作ると宣言してしまえば、後には引けなくなるから、みたいな理由で書き込んでます。勿論、水野さんのレベルにはまだまだ遠く及ばないとは思いますけれど、夏コミでペリーヌ本を机に並べることが出来たらいいな、と思ってます。

★夢幻斎さん
 あけましておめでとうございます。投稿者名の方はなんだか訳の判らない感じですけれど、こういうことをするのはたぶん夢幻斎さんだろうなぁ、と一目で直感しました。(笑)

 53回日曜日のある年は今度は2006年ですか。その後は2017年とのことでかなり間が空くようなので、毎週日曜日、本放送の時に合わせて見るなら2006年のうちに見たいところですね。て、まだ二年後の話ですけれど、出来たら二年後のお正月にまた告知して下さい。(笑)
 セブンイレブンのぬいぐるみはアイスの詰め合わせとのセットでしたか。何かの詰め合わせだというのは把握してましたが、細かいところまで見てなかったのでした。(^_^;)
 ぬいぐるみの方はなかなかよい感じでしたね。バロンかパリカールがあったらソッコーで買ってたところなのですけれど……。
 ラスカルショップは私も年末にまた行きましたが、今回は何も買わずでした。たぶん小物がちょこちょこバロンのもあったかもと思うのですが、どれを既に買ってて、どれを買ってないか、自分ではっきり把握してなかったりするのでした。(^_^;)
 ではでは、今年もよろしくお願いします。(^_^)

★ZAMBさん
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 ここのところ何年か、ZAMBさんと夢幻斎さんの間で、激しい新年トップ争いが繰り広げられてますけれど、今年は夢幻斎さんに軍配が上がったようですね。来年また頑張って下さい。(笑)

★娯輪波さん
 あけましておめでとうございます。
 元旦はペリーヌ第一話放送記念日ですね〜。最近は元旦から週間アニメが通常通り放送されてるってことは殆どなくて、なんかあまり視聴意欲をそそられない特番が多いですけれど、昔はお正月も子供たちの楽しみにしてるアニメがちゃんと放送されてたんですよね・・。
 私も今日は夜の七時半に合わせてペリーヌ第一話を見てみようかな。
 ではでは、今年もよろしくお願いします。


あけおめ
投稿者 e_nono 投稿日 1月1日(木)08時29分

実は2003年は「ペリーヌDVDを全編見直そう」
と思っていましたが、アルプスを越えられませんでした(笑)
今年はせめてパリまで到達するぞ!(控えめな目標)

今年もよろしくお願いします>眠夢さん&みなさま


(^_^)∠※ペリーヌ第一話放送記念日
投稿者 ヒデ 投稿日 1月1日(木)10時10分

↓そうですね!ペリーヌ第一話放送記念日でしたね!
新たな新年のスタートに相応しい話題です!
今年もヨロシク!(^人^)
http://www1.tcnet.ne.jp/t-1091/En-top.htm


おめでとうございます。
投稿者 momi 投稿日 1月1日(木)11時13分

みなさまにとって、良い年でありますように


あけましておめでとうございます!
投稿者 マキコ 投稿日 1月1日(木)22時10分

久しぶりの書き込みです。みなさん覚えておられるでしょうか?

ちょうど26年前の今日、ペリーヌの放送が始まったのですね。
わたしも2003年中にペリーヌを見直そうと思っていたのですが、
e_nonoさん同様わたしもアルプスを越えられませんでした。
今年こそは…!!と張り切っている次第です。
昨年は名劇の食玩などの発売が多くありましたが、今年はどうなるでしょうか。
個人的には海洋堂のヴィネットを希望するところです。

今年がみなさんにとって素晴らしい一年になりますように…。


皆様おめでとうございます
投稿者 まるふく 投稿日 1月2日(金)02時03分

眠夢さま、みなさま、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ペリーヌがアルプス越えが辛いので、見る方も辛いですね。
私も、マルセルと別れてからが見るのが、辛くて、飛ばす場合があります。
SVHS3倍の13話づつ入れたテープで主として見返すので、DVDでの入れ替え時に
出るバンダイのドカンドカンというタイトルでの興ざめがなくて続けて見やす
いのですが、このアルプス越えというより「おかあさんの決意」のあたりは
辛いので、見るのに勇気がいりますね。
DVDで言うところの、写真機どろぼうが解決したら、パリの宿まで飛ばして
そこから見るのが一番多いパターンです。(ずるい手ですが)
原作準拠エリアにはいると一気に加速する感じです。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 1月2日(金)06時50分

 人間って年を取ると段々と鼻がごつくなってくるものなんでしょうか……。て、いうか、キャラの絵を描いてるとなんとなくそんなことを感じてしまったのでした。ペリーヌはすっとかわいい鼻ですが、ビルフランとかタルエルとかセザールとかおっちゃん関連はみんな鼻がごついんですよね。少し若いエドモンとかファブリさんとかはもう少し鼻筋が細い感じがします。この辺はそのキャラの年齢の特徴を出すのに描き分けてるのかも知れません。
で、以前、水野さんが“パンダボワヌ家の鼻”だとかって書き込みをされていたのを思い出したのですが(2001年3月3日(土)05時52分の書き込みです)、ペリーヌの年齢でビルフランやテオドールみたいな鼻だったらかわいそうですけれど、もしかして年を取るとペリーヌもあの鼻になるのかも、、なんてちらっと思ってしまったのでした。(苦笑)

★e_nonoさん
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 ペリーヌDVD全編見直し計画、去年はアルプスが越えられませんでしたか。パリまで到達すれば、どんどん先が見たくなって見るペースが上がるかと思うのですが、アルプスあたりは辛いところですね・・・。
 目標のパリを目指して頑張って下さい。(笑)

★ヒデさん
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 第一話放送記念日・・、だったのですけど、昨日、第一話見るの忘れてた・・。(^_^;)
 でも私の方は今年はペリーヌのDVD、見る機会が多くなりそうです。

★momiさん
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。(^_^)

★マキコさん
 あけましておめでとうございます。どうもお久しぶりです。
 んーと、お名前は記憶にあったものの、どんな人だったか記憶が曖昧だったので、過去LOGでちょこっと確認。バロンの編みぐるみを作っておられた方ですね。
 マキコさんもアルプス越えで足踏みでしたか。今年は全編見られるよう頑張って下さい。(笑)
 食玩の類は本当にいろいろ出てますね〜。ペリーヌ関連の物は少なめではありますが、今年もいろいろ発売されるとよいですね。

★まるふくさん
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。(^_^)

 確かに、アルプスを越えて、マリさんが体を壊して、ペリーヌの商売もうまく行かず・・、という辺りは見るのが辛い部分ですね。そこを飛ばして見るというのも一つの方法ですね。
 私もまるふくさんと同じく原作準拠エリア、パリに入った後は見るペースが一気に加速します。一話一話が短く感じられるようになって、どんどん次が見たくなってしまうんですよね。その辺やはり原作の持ってるパワーを感じます。


あけましておめでとうございます
投稿者 具礼須 バロン 投稿日 1月4日(日)07時40分

今年もどうぞよろしく(´▽`)/


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 1月5日(月)06時26分

★具礼須バロンさん
 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。(^_^)


あけましておめでとうございます!
投稿者 みこ 投稿日 1月6日(火)11時41分

最近めったにお邪魔していませんが、たまーに顔を出す事もあるかもしれませんので、今年もよろしくお願いいたします。

ところでnambuさんや眠夢さん、momiさんが感じていらっしゃるように、
私も宮崎作品には多少の違和感を感じます。
「もののけ」はさっぱりわからなかったし、「千尋」はキャラクターに助けられて
子供と楽しくみましたが好きではありません。
らくがき帳の部屋にも以前書きましたが、もともと宮崎作品には独特の傾向があって、
「コナン」「カリ城」「ラピュタ」という好きな作品の中にもカットしたい部分が
存在するんです、私の場合は。ただその頃の作品群は素直に楽しめる内容なので
良かったのですけど。
最近はやはり時代的にも宮崎さんの年齢的にもちょっとひねった表現にいきがちなのではないでしょうか。
なんだかんだいっても次の作品はどんな風か、楽しみではありますね。


こんばんは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月7日(水)04時10分

★みこさん
 こちらでもよろしく!(^_^)

 宮崎作品、昔のコナン、カリ城などは判りやすくてすっぱり割り切れたという部分がありましたよね。文句なしに楽しめましたもんね。
 もののけの場合は単に自然を保護しよう、という話だけでは割り切れない、人間の方にも生活の事情があって、それぞれの正義がぶつかり合うような話ですし、どちらが善でどちらが悪と決められない辺りが、なかなかすっきりしない内容にならざるを得ない、ということになっているのかな、という気がします。
 インダストリアは悪でハイハーバーは善、みたいに割り切れませんもんね。
 千尋の方はどこがどうとかはっきり言えませんけど、こちらもなんだかすっきりしない部分があったように思います。
 宮崎さんの中でも割り切れない部分があるんでしょうね。
 なんだかんだ言いつつやっぱり私も新作は見に行きますけどね。


宮崎アニメ
投稿者 投稿日 1月8日(木)18時06分

眠夢さんこんばんは。そしてこちらでもあけましておめでとうございます。

宮崎アニメについて話をされてるようなので少し書きます。
わたしは宮崎駿の大ファンなので彼の作品はLDやDVDでほとんど持っています。
ですが客観的に見るとやっぱりもののけや、千と千尋は違和感があったかも
知れません。コナンやカリシロは理屈抜きで楽しめるのですが・・・。
まぁ、それでも千と千尋は劇場で4回見たしDVDも買いました。
神様とかいっぱい出てきて見る人によって感じ方が違うのかなぁと思います。

わたしが宮崎駿の名前を知ったのはナウシカ以降その前の作品もルパンとかハイジ
やマルコももちろん見ていたのですが。どれもとっても良い作品だと思っています。

ラピュタのプロモーションで宮崎さんと握手をしてサインを書いてもらって
その時話した会話は今でも大切な思いでです。

今年の新作は果たしてどうでしょうか?今から気になるところです。


すいません
投稿者 MAM 投稿日 1月8日(木)18時08分

下の投稿はわたしです。
すいませんでした。


こんばんは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月9日(金)04時09分

★MAMさん
 初期の名劇作品のファンで宮崎アニメのファンでもあるという人は多いですよね。ハイジ、マルコなど宮崎さんの関わっていた作品もありますので、当然といえば当然かと思いますけれど。

 千と千尋、私は劇場で見たのは三回ですね〜。負けた〜。(笑)
 宮崎駿氏の作品は私も子供の頃はそれと知らずに見ていたものが多かったですね。ハイジ、コナン、ルパン三世、みんな好きでしたが、宮崎駿という名前は意識してませんでした。
 昔のような肩の力を抜いて見られる作品も作ってくれないかな、という気もしなくはないですけれど、なかなかそうもいかないんでしょうね・・。


新章アップ
投稿者 江戸門団鉄 投稿日 1月11日(日)23時58分

 「ビルフラン物語」の第二十九章をアップいたしました。書こうと思っていた出来事のうち、だいぶ飛ばしてしまった部分もありますが、いよいよラストへ向けての助走が始まります。
 とりあえず今回は嵐の前の静けさという感じですが、思いがけない人を思いがけない仕方で登場させています。
 次も二ヶ月以内にアップしたいな・・・。

http://oneplus.hp.infoseek.co.jp


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月12日(月)16時57分

★江戸門団鉄さん
 ビルフラン物語、第二十九章をUPされましたか。後ほど、読みに行かせて貰いますね。
 思いがけない人が思いがけない仕方で登場ですか。楽しみです〜。(^_^)


ペリーヌにサリーは似合うかな?
投稿者 OKYAJun 投稿日 1月13日(火)23時59分

こんばんは、OKYAJunです。

先ほど、ペリーヌDVD第2話を見直していました。その中で、

マリ「お前にもインド人の血が少しは混じっているんだから、きっと似合うわ」

このような台詞があります。これを聞いて、ペリーヌがサリーをまとった姿を
想像してみたのですが、今一つ想像出来ません。どなたか興味を持った方、
描いてみてはいかがでしょうか?そう言えば、ペリーヌ&サリーのイラストor CG
って、ありそうでなかったですよね?(自分が見たことないだけかもしれませんが)


たすかったぁ〜
投稿者 エリエリ 投稿日 1月14日(水)01時27分

お邪魔しまぁ〜す。初めての投稿でドキドキです。
実は私の友人の台湾人(女性)が、大のペリーヌ好きらしいのです。
最近知ったのですが・・・で、その友人にペリーヌの英語版を探して欲しいと頼まれ、
気軽に”OK”なんて答えた私ですが、実は大の機械音痴。
無事探せるかいまいち自信が無かったのですが、このホームページを見つけて
「やったぁ〜」なんてもんじゃないわ。すっごく助かりました。
良かったです。早速明日、友人に知らせなきゃ!
その友人は、日本語はペラペラなのですが、読むのはやっぱり英語の方が
いいみたいなのです。良かった良かった!
ところで、英語版のDVDなんていうのはあるのでしょうか?
聞かれているわけではないのですが、あるのであれば友人に教えてあげたいのです。
どなたか、ご存知の方教えてください!


小英的故事
投稿者 萬里尋母 投稿日 1月14日(水)07時33分

エリエリさんへ

英語版のDVDということについて
英語吹き替えDVDは、ないと思います。
でも、台湾の方なら次の台湾製DVDなら
英語字幕が入っています

http://www.pimgroup.com.tw/shop/index.phtml?PUT=show&R1=10311
http://www.pimgroup.com.tw/shop/index.phtml?PUT=show&R1=10402


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月14日(水)17時14分

★OKYAJunさん
 はい、似合うと思います!! て、いうかペリーヌがあんなきれいな衣装を身にまとえば似合わない筈ないと思います!!(笑)
 確かにペリーヌがアニメで着ていた衣装とは随分イメージが違いますので、想像するのはちと難しいかも知れませんね。本当に誰かそういうイラストを描いてくれる人いないかな。

★エリエリさん
 いらっしゃいませ〜! 書き込みして頂いてどうもありがとうございます!!(^_^)
 台湾人のお友達でペリーヌファンの方がおられるんですね。台湾の方でも結構、人気があるらしいという話は聞いたことがあるように思います。
 英語版のDVDに関しては私も聞いたことがありません。萬里尋母さんが言われるように、ない可能性が高いと思います。
 台湾版ならあるみたいですけれど。台湾版というと怪しい海賊版なども出回っていてお薦めしにくい部分もあるのですが、正規版もあると思うので、出来れば正規版が入手出来たら、と思います。

★萬里尋母さん
 ん〜、たぶん、知ってる方でしょうか……。
 台湾版には英語の字幕が入ってますか。ふむふむ。日本版にも入れて欲しかったところですね。


ちょっと、釈迦に説法かも しれませんけど
投稿者 萬里尋母 投稿日 1月14日(水)21時27分

エリエリさんへ

ちょっと、

友人の台湾人の人は、どうして「英語版」なの
とか 思ってしまいましたので

現地の台湾の本というのは、どうでしょうかと
思いますので………

台湾の 東方出版社「孤女努力記」とか
光田出版社「苦女努力記」は、どうなのかと
思います。

東方出版社「孤女努力記」はここを見る
http://global.yesasia.com/b5/PrdDept.aspx/pid-1002443568/did-0/code-c/section-books/
(台湾の方はここで買うと運賃がかさむので
損ですよ)

光田出版社「苦女努力記」はここを見る
http://netcity2.web.hinet.net/UserData/kuangten/wls/wls05.htm

まあ、いずれも台湾の書店では普通に売っていると
思います。

まあ なにぶんにも、台湾本では、主人公「佩玲」が
アニメの中国語吹き替えでは「小英」と改名されており
わかりにくく なっているように 思います。


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月15日(木)16時56分

★萬里尋母さん
 台湾版の原作本の話ですね。この辺は萬里尋母さんの得意分野って感じでしょうか。
 キャラの名前は日本でも、パレアナがポリアンナになったり、ネロがネルロだったり、訳によって違いがあることがありますが、中国語の場合は漢字オンリーなだけに、日本よりも更に判りにくい可能性はありそうな気がしますね。


あぁ、何度見ても気が進まない
投稿者 OKYAJun 投稿日 1月21日(水)23時32分

こんばんは、OKYAJunです。

現在、ペリーヌDVD 第20話を観ています。次でマリさんが亡くなってしまうのですが、
観るのは気乗りしませんし、何度観てもいまだに涙ぐんでしまいます。

個人的なご都合主義の解釈なんですけど、こうして見直してみると、マリさんが
亡くなるのも長い目で見れば、神の思し召しなのではないかと思うんですよ。
もしもマリさんがご存命でビルフランと会っていたら、決してビルフランは
ペリーヌ親子を許さなかったでしょう。そう思うと、マリさんが亡くなるのも
神の御心の内に思えてなりません。


こんばんは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月22日(木)04時26分

 ん〜、マリさんの亡くなる回ですか・・。見るのが辛い場面ですね・・。

 神の思し召しというか、もっと実も蓋もないことを言えば、エクトル・マロの思し召しとも言えるかも……。(苦笑)
 もしもマリさんが存命だったとしたら、小公子に似たような展開になっていた可能性とかは、考えられますね。その時点でエドモンが亡くなったこともビルフランは知らなくてはいけない訳ですし……。タルエルやテオドールにしてみれば、邪魔な奴が帰ってきたということで、ビルフランにあることないこと吹き込もうとしていたことも考えられます。
 元気で存命だった場合、マロクールでペリーヌをビルフランに託してすぐに他界する場合、とかいろいろに考えられるとは思いますけれど、どっちにしてもペリーヌにとっては辛い境遇だった可能性は高そうです。
 ペリーヌにしてみれば、やっぱりマリさんに生きてて欲しかったという気持ちは強いでしょうけど、マリさんが亡くなったことで、ペリーヌも自分の足で自立して生きて行こうという気持ちが生まれたとも考えられますし……。難しいところですね。
 マロクールに着いたものの、マリさんが病気なので、もう少しよくなるまで身分は明かさずに工場で働くという手もあるでしょうか……。それともマリさんはペリーヌを預けたら自分は姿をくらますつもりだったのか……。
 フランソワーズあたりがエドモンの奥さんということで味方になってくれたりというのもありそうですね〜。或いは、ファブリさんが母娘に同情して世話を焼いているうちにマリさんに惚れてしまって・・とか。(^_^;)
 どれも仮定の話ですけれど、いろいろとアナザーストーリーを考えるのも面白いかも知れませんね。


たいした話ぢゃないんですが
投稿者 nambu 投稿日 1月22日(木)19時05分

喘息なんですよ、成人性の。
4〜5年前に、海外出張中に急発症しまして、言葉の通じづらい中、ひどい目に遭いました。

で、薬が「テオドール」なんです(^^)


マリさん
投稿者 江戸門団鉄 投稿日 1月22日(木)23時49分

 マリさんが生きてマロクールに到着していたら、小公子と同じパターンになるのではないかと思いましたが、いかがでしょう?
 ちょうど今、NHK教育で水曜日の夜7:25から小公子の実写ドラマをしているので、そんな想像をしてしまいました。


1サンチームの価値は?
投稿者 OKYAJun 投稿日 1月23日(金)00時16分

OKYAJun です、こんばんは。

最近、ペリーヌDVDを観ていると、いろいろな(しかもどうでも良いような?)
疑問がいろいろ沸いてきます。そこで質問(と言うか話題提供)です。
題名にも書きましたが、はたして、「1サンチーム」とは現在の日本の貨幣価値では
どれくらいに相当するのでしょうか?まぁ、時代も場所も異なるので、もしかしたら
答えられないような質問かもしれませんが。

アニメ内では、ペリーヌがトロッコ押しで6日働いた給料が3フラン60サンチームで、
パンを買うとほとんど残らないと言及されていましたが?


こんばんは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月23日(金)04時17分

★nambuさん
 喘息なんですか? 大変ですね。
 テオドールと言えば、以前、のりきよさんの息子さんも使っておられると言ってましたね。
 名前から想像すると利くかどうか疑わしい気もしないではないですが・・、て、そんなこと言ったら、薬メーカーに怒られるかな。(^_^;)

★江戸門団鉄さん
 マリさんが生きてマロクールに到着していたら、小公子と似たようなパターンになるという可能性はありますね。
 唯、ペリーヌがどういう扱いを受けるか、という辺りがポイントでしょうか。小公子との違いを考えてみると、セドリックは一応、ドリンコート伯爵に望まれてイギリスに渡った、とか、マリさんの到着でビルフランは初めてエドモンの死を知り、ペリーヌの存在も知った、という辺りでしょうか。
 セドリックはドリンコート伯爵の手元で育てられることになりましたが、ビルフランがペリーヌをどのように扱うか、というのは、予断を許さないかも知れません。

★OKYAJunさん
 ペリーヌの時代の貨幣価値というと、以前にも話題に上ったことがありました。
 LOGを調べてみますと、2002年 11月8日(金)16時48分の書き込みでまるふくさんは1フラン2000円くらいではないか? と、考察されてました。
 あとatmoriさんのHP(http://homepage1.nifty.com/atmori/enfamille/index.htm)にも貨幣価値に関する話題が掲載されてますが、こちらでは1フランが1000円くらいと考察されてます。
 他にe_nonoさんのHP(http://e-nono.hp.infoseek.co.jp/)の『ペリーヌ物語』事典では、1フランはだいたい5000円くらい? と書いておられます。
 いろいろと見解は分かれますが、OKYAJunさんも言われているように時代も場所も違いますし、何を基準にどのように解釈するかで見解は分かれてくるでしょうね。
 しかし当時の工員の給料って今の常識からは考えられない程安かったというのは確かなようです。


ごぶさたです
投稿者 のりきよ 投稿日 1月26日(月)09時00分

ごぶさたしています。
名前を挙げてもらったようなので出てきました。
といってもあまりペリーヌの話題はないのですが。。。。

娘も息子も「テオドール」にはお世話になっています。この冬も
風邪でお医者さんにかかるとたいてい処方されております。

今年も娘はピアノの発表会が近く、またあの「紺のワンピース」
で登場するような気配です。少し小さくなったから今年が最後かな?
今年はショパンを弾くそうで、そろそろ練習にも親の出る幕がなく
なってきております。子どもの成長って早いですね。「赤毛のアン」
も原作のほうを読み始めました。

お正月は車で帰省したのですが、渋滞対策にカーナビでアニメを見ら
れるようにしました。お金がないので手持ちのビデオをVHS-Cの
カセットにダビングしてビデオカメラを車内に持ち込んでつないで、
という大騒ぎでした。こういうとき、コピーガードされたビデオって
なんか不便ですね。DVDを見られるカーナビが欲しいなぁ。

というわけで、また。


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月26日(月)17時08分

★のりきよさん
 娘さんも息子さんもお二人ともテオドールという薬のお世話になってるんですか。ペリーヌ物語のテオドールとは違って、なかなかいい薬なんかな。
 喘息の薬という話でしたが、風邪にも利くんですね。

 以前、話題に出てた紺のワンピース、そろそろ小さくなりかけてますか・・。子供が成長するのは早いですね。ショパンが弾けるというのは、なんだかかっこいい気がします。
 娘さんは『赤毛のアン』の原作を読み始められましたか。私も最初に読んだのは小学校の頃でした。と、いっても最初に読んだのは子供向けの抄訳版でしたけれど。子供の頃にこういうよい本に出会えるというのは幸せなことですね。

 渋滞中にアニメが見られるようにするというのはなかなかグッドアイデアですね。
 しかしビデオのコピーガード……。必要なのは判りますけど、自分用にバックアップすることも出来ないのは確かに不便ですね。


DVD録画レート
投稿者 nambu 投稿日 1月27日(火)03時26分

ずいぶん前の話題に成ってしまいますが、最近、保存していたものを見直していて、やっぱり不満が出てきました。
4.7ギガのディスクあたり、120分程度が良いようですね。

結局、DVD-RWは、長時間用には使えますが、まだまだ高いので、細かい編集が出来なくても、DVD-Rの方が、実用的なようです。


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月27日(火)16時58分

★nambuさん
 ん〜・・・。見てすぐに消すようなものなら、低いレートでもよいでしょうけど、保存用のものはどのくらいにするか、コストと画質を考えて難しいところですね。
 うちの場合はペリーヌは元のビデオやLDがあるので、程々でもまあいいかって感じで、録画しましたが、元のソースがない場合は悩みどころかも知れませんね。


ゴルシコフ
投稿者 モーグリ 投稿日 1月29日(木)11時17分

最近、ペリーヌを見ていた人に「作品に登場していたクロアチア人の
ゴルシモフの元ネタはゴルシコフではないか」と言ったところ
「ゴルシコフって誰ですか?」と言われました。

ゴルシコフってそんなにマイナーな人物なんでしょうか?


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 1月29日(木)16時56分

★モーグリさん
 ん〜・・・。ゴルシコフって私も誰だか知らないですけど、有名な人なんでしょうか? 判らないです。


ゴルシコフについて
投稿者 モーグリ 投稿日 1月30日(金)21時21分

>ゴルシコフ
メジャーと言えばメジャーです。

ゴルシコフはソ連の海軍元帥だった人物です。
1956年から1985年までソ連海軍総司令官を務め、日露戦争以降、
三流以下におちぶれていた海軍を世界第2位に変えたのがこの人です。

「ペリーヌ物語」の放映されていた時代において日本でもっともよく
知られていたソ連軍人の1人でしょうね。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 1月31日(土)05時00分

★モーグリさん
 昔のソ連の海軍元帥ですか。まあ、普通の人は知らなくて当然ですね。(^_^;)
“その筋では有名な”とか“知る人ぞ知る”という範疇の人でしょうね。

 斉藤博、宮崎晃、関修一という名前だって、ペリーヌファンの間では有名ですけれど、一般の人は大抵知らないでしょうし、それと似たようなもんじゃないかと思います。


☆ペリーヌ物語の部屋に戻る
☆夢のほとりに戻る
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO