☆ペリーヌ物語の部屋に戻る ☆夢のほとりに戻る

ペリーヌ掲示板

2003年10月

RAMリスト 2003年10月
名前書き込み数ホームページ
江戸門団鉄 http://web4.freecom.ne.jp/~hirosy/index.htm
たあぼ  
OKYAJun  
まるふく http://perrine.jdyn.cc/index.html
太田  
ももしゃん 11  
海瀬しずか  
ぱとらっしゅ  
おじさんの甥  
nambu  
なみかもめ  
たま、  
村雨健次  
眠夢 19 http://www2s.biglobe.ne.jp/~nem/
総参加者数=14名 総書き込み数=55

一週間
投稿者 江戸門団鉄 投稿日 10月2日(木)23時37分

 一週間も書き込みが途絶えていますね。かくいうわたしも取り立ててペリーヌ関連の話題がないのですが・・・。
 先日、平日の朝に放送していたハイジが終わって、後番組は何になるかと思っていましたら、「小さなバイキング ビッケ」だったということくらい。うーん、ここでする話題かどうか微妙ですね。


ANIMEX1200
投稿者 たあぼ 投稿日 10月3日(金)02時03分

みなさん、おばんでございます。おひさしぶりです。

昨日、先日発売されたANIMEX1200・29「赤毛のアン」を買ってきました。
私的にペリーヌ以外の名劇では、アンは最上位に位置する作品のひとつ
なので、BGM集が聴けることをよろこんでいます。
結構回数観ていると思うのですけれど、(ペリーヌと違って...LDの曲
なんかを聴いた時と比べて)聴いてもあんまりピンときませんでした。
ぐっと来る曲もたくさんありましたが....。
これは格安だけあって、ホントにカンタンなジャケット。解説もない。
前にLPで出していたものの初CD化なので小さくてもいいからオリジナル
の画像もつけて欲しかった。

ペリーヌの場合は....オリジナルがないか。ただこういうCDを出す動き
がみんなが望んでいるペリーヌ物語BGM集の発売につながるといいですよ
ね。


こんばんは。
投稿者 眠夢 投稿日 10月3日(金)18時25分

 献血ルームでフランダースの犬の完結版のDVDを見ました。勿論、再編集版なのでかなり省略されてますけど、それなりにあらすじは判るかな、という気がしました。勿論、元の作品を知ってるから展開が読み取れたというのもあるかも知れませんけど。
 ペリーヌの完結版はこちらでも評判が悪いですが、私はまだ見ていないので一度見てみたいところです。

★江戸門団鉄さん
 そうですね〜。最近、すっかり寂れてしまいました。私の方も書き込みに来て下さる人頼みで、こちらからなんにもネタ振りをしていないからってのもあるかな、と思います。ん〜、少しは何か考えた方がよいかも知れませんね。

★たあぼさん
 ANIMEX1200の赤毛のアンのBGM集を購入されましたか。最近、そういうのが出てるらしいという話は聞いてます。昔、発売されたものをCDで再発売しているもののようですね。
 ペリーヌの場合は『うたとおはなし』あたりが、そのシリーズで再発売されないものかと期待してはいますが、どうでしょうか……。発売元は同じコロムビアでしたから。


劇場版ペリーヌについて
投稿者 OKYAJun 投稿日 10月3日(金)23時19分

完結版(簡潔版?)ペリーヌの話が出たところで、それと比較ついでに「劇場版」の
話をしましょう。
 
 あまり知られていないと思いますが、ペリーヌには劇場版が存在します。とは言っても、
全国規模で上映されていたわけではないようですが。
 10年以上前に近所のレンタルビデオショップが閉店するにあたり、ソフトを安価で
売りさばいていたのですが、偶然にも劇場版ペリーヌが売っていて、即購入しました。
ペリーヌ関連の映像ソフトを購入したのはその時が初めてでした。当時の自分はペリーヌに
ついて、名前と顔くらいしか覚えていなかったのですが、すごく上手く編集されていて、
当時の自分にも、ストーリーの全貌がはっきり理解出来る編集でした。

 劇場版のDVDがあれば買っても良いと思うのですが。少なくとも、完結版よりは絶対に
良いです。収録時間は105分です。たった15分の違いでも、内容の濃さは全然違います。

 完結版/劇場版について細かく違いを述べたいとも思うのですが、いかんせんビデオデッキが
壊れていて、比較出来ません(泣


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 10月4日(土)16時44分

★OKYAJunさん
 劇場版は以前、BS2で放送された時に見ました。実はペリーヌは本放送も再放送も見てなくて、でも友人からいいと聞かされてて興味があったので、劇場版をたまたま見てしまったのですが、これではまってしまって、テレビ版のLDを揃えたのでした。
 聞いた話によると劇場版と完結版を比べるとやはり劇場版の方がかなり評判はよいようですね。それでもテレビシリーズに比べると物足りないという人もいますけれど、それは時間をかなり縮めているので仕方のないところでしょうね。
 最近はCS等で放送されるのも完結編が多くて劇場版は忘れ去られているような状態のようですが、90分というサイズの方が放送しやすいのでしょうか……。
 でもやっぱり例え再編集版であるにせよ、より情報量の多いものを放送してくれた方が初めて見る人にも判りやすいでしょうし、劇場版も機会があればもって放送して欲しい気がします。


劇場版のすすめ
投稿者 まるふく 投稿日 10月4日(土)17時24分

劇場版、出来てすぐには上映せず、長い間お蔵入りになっていたのは有名な話です。
過去にも書きましたが、劇場版は再編集した上アフレコがやり直されていて、
お話の進展に無理がありません。
声の出演は多分ナレーション以外は放映当時の方でして、なおかつTV放映から
そう経過していない時期(クレジット表示によると1980年)に収録されていますので、
声質があんまり変わりません。
鶴ひろみさんはその後の録音(コロちゃんパック)でもペリーヌ役をしていますが、
上達して別人になってしまいました。

53話は通して見るのは時間的に辛いですが、この劇場版は時々見るのにちょうど良いです。

本当にこれを放送してくれたらもっと評判が良くなるのですが....
劇場版はLDとVHSビデオが出ています。時々オークションでも見かけます。
馬鹿高いこともあるので用心ですが...


ももしゃん様へ
投稿者 OKYAJun 投稿日 10月4日(土)22時30分

ももしゃん様がこの書き込みを見るかどうかはわかりませんが、一応書き込みます。

ヤフーオークションで、ペリーヌ物語DVD全13巻が出品されています。現在価格は
¥23,500です。新品で買うよりも格段に安いのでチャンスかと思います。しかし、残り
1日なのですが・・・ ももしゃん様がこの書き込みを見るよう祈ってます。



おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月5日(日)06時43分

★まるふくさん
 劇場版はアフレコもやり直されていたんですか。ナレーションの担当が変わっているというのは聞いてましたが、他のキャラの声もそうなんですか。
 その辺で手をかけて作られているので再編集とはいってもそれなりに無理のない展開になっているんでしょうね。
 コロちゃんパックというと、いつぞやオークションに大量に出品されてた奴ですね。新録音で上達してるのはよいんですけど、でも別人に感じられる程というと、アニメの雰囲気からは少し離れているかもって気もしなくもないです。
 ペリーヌの声と例えばブルマやルイーゼの声と比べると同じ鶴ひろみさんと思えないくらい違ってますもん。

>53話は通して見るのは時間的に辛いですが、この劇場版は
>時々見るのにちょうど良いです。

>本当にこれを放送してくれたらもっと評判が良くなるのですが....

 この辺、同感です。日本アニメにしてみると、再編集版としては完結編があるので、劇場版はもういいや、という考えなのかも知れませんけど、両方の評価を聞くにつけ、勿体ない気がします。

★OKYAJunさん
 ヤフーオークションでDVDが出品されてますか。ヤフオクというと怪しいものも沢山ありますが、これは日本の正規の物のようですね。


ヤフーオークションでビデオも出品
投稿者 太田 投稿日 10月5日(日)08時18分

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g7202074

今となっては、こちらの方が貴重かも知れませんね

劇場版の放送と言えば、キッズステーションで
以前に放送されたときは、内容がカットされていました。
これは、ちょっと なんだか・・・でした。


ありがとう^^
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月5日(日)16時25分

OKYAJun さま
>ももしゃん様がこの書き込みを見るかどうかはわかりませんが、一応書き込みます。

ヤフーオークションで、ペリーヌ物語DVD全13巻が出品されています。
現在価格は¥23,500です。新品で買うよりも格段に安いのでチャンスかと思います。しかし、残り
1日なのですが・・・ ももしゃん様がこの書き込みを見るよう祈ってます。

時々ROMしてますよ。

観てきましたけど、現在ビデオが13巻8000円でした。
申し込み手続きが、途中で分からなくなって・・(^◇^;)
書き直しになったんで、帰ってきました(^^ゞ
いずれDVDを買う予定だけど、ビデオも1万円位で買えるなら
欲しいけどねー


ビデオは
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月5日(日)16時29分

訂正→「11巻」でした・・(^^ゞ


ひろみさんの声
投稿者 まるふく 投稿日 10月6日(月)00時15分

眠夢さん

多分、劇場版は全て、例えばTV編集版の「母をたずねて三千里」映画とかみんな
アフレコし直しがされていると思います。
この早い時期のアフレコは本当に良かったとおもいます。
サンダーバードの様にアフレコまでの時間が経ちすぎるのも有る意味辛いです。
そういった判断からは、完結版のアフレコをしなかった?という選択は評価します。

コロちゃんパックの発売時期は知らないのですが、
朝日ソノラマのソノシート付きペリーヌ絵本では
高校三年のひろみさんが、地声で朗読し、ペリーヌのセリフではペリーヌの声などを
演技しています。子供っぽい声の演技がちょっと不十分で、そういうイメージで定着して
いるのですが、
聞かせてもらったコロちゃんパックではこの演技が、すごく上手くなって、
子供子供した声がでるため別人になっています。ビルフラン様の声の方は
既に他界されていたので、本当に別人ですね。



おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月6日(月)04時42分

★太田さん
 映画がテレビで放送される時にカットされるというのはよくあることですね。

★ももしゃん
 あ、出品されていたDVDは既に終了してましたか。ビデオもその値段なら悪くないかと思いますが、しかしビデオの価格が上がっていかないとすると、やはりビデオよりもDVDが欲しいと思う人が多いということなんでしょうね。

★まるふくさん
 声優さんも時を経るにつれて、雰囲気とか声質とかも変わってくる場合もあるでしょうし、アフレコし直すなら、元の作品の放送からさほど時間が経っていない時期の方が雰囲気が保たれてよいと思います。
 あの当時はテレビシリーズの再編集版の映画化って結構、頻繁に行われていた気がするのですけど、そういう時期に作られたのもラッキーだったかもって気がします。
 コロちゃんパックというのが作られたのははっきりとは覚えてませんが、確か90年代以降だったように思います。
 私は聞いたことがありませんが、随分と雰囲気が変わっている、様子ですね。
 自分で聞いてみないと判断は出来ませんが、やっぱり昔の雰囲気が保たれている方が嬉しいかな、という気はします。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nem/perrine/perrine.html


ソノシートが有れば
投稿者 まるふく 投稿日 10月6日(月)07時37分

オークションに絵本が出ています。
ソノシートは多分付いていないんでしょうね。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f8906117
私の書いた絵本の話題はこの左下の2冊です。


こんばんは
投稿者 眠夢 投稿日 10月7日(火)00時27分

★まるふくさん
 いろいろ出品されてるみたいですね。角川のアニメ絵本以外は状態がよくない、ということのようで、言われるようにソノシートがついてない可能性はありそうですね。
 唯、うちにはレコードプレイヤーがないので、ソノシートがあっても聞くことが出来ませんけれど。(^_^;)


おはようさん^^
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月7日(火)05時48分

「スタトレ」も残り1巻になったので、昨日、行きつけのお店で
「ペリーヌ」13巻を申し込んできました。^^
今から (((o(^。^")o)))ワクワク

パリカールとバロンに会える(*^_^*)


英語の手紙
投稿者 眠夢 投稿日 10月8日(水)07時39分

 2日くらい前に英語のメールが届きました。英語のメールというとダイレクトメールみたいな変なのはよくあるのですけど、今回はペリーヌのファンの方からのものだったので、四苦八苦しながら返事を書きました。
 英語は得意ではない(て、いうか全然ダメ、と言った方が正しい(^_^;))ので、ちゃんとした文面になってるかどうかイマイチ不安だったりして。(^_^;)
 メールは英語でしたけど、たぶんドイツの方じゃないかと思います。ドイツ語となるとどうしようもないですけど、英語なら翻訳サイトや電子辞書を使ってなんとかかんとかって感じではあります。もちっと英語も勉強しといた方がよいだろか、なんて思ったのでした。(ビルフラン様には「勉強するのに遅すぎるということはないぞ」とか言われそうな・・(^_^;))

★ももしゃん
 いよいよ、ペリーヌ物語のDVD、購入ですか。届く日が待ち遠しいですね。(^_^)
 53話もありますから、ゆっくり楽しんで下さいね〜。(でも見はじめてしまうと、意外に早く見終ってしまう場合もありますが(^_^;))


ドイツ語と英語
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月8日(水)09時45分

私はどちらも ?(゜_。)?(。_゜)? (・・?)・・ (ーー;です。
でも、主人は通訳翻訳家で、HPの知り合いに数年ドイツに住んでいた人が居ます。
(だからなんだっちゅうんだろう?お役に他たてる訳でもないのに(^◇^;))
なぜか、ドイツ語と英語という文字に、反応してしまったのだ・・・・(^^ゞ

>(でも見はじめてしまうと、意外に早く見終ってしまう場合もありますが(^_^;))

はい・・多分こうなると思います。(^◇^;)
そして又数ヶ月後か一年後辺りから、ゆっくりと腰を入れて観るんですね(@^▽^@)


英語の手紙その2
投稿者 眠夢 投稿日 10月9日(木)05時52分

 昨日、返信の返信が来てましたが、Your englisch is not badと書いてありまして、ちょっと嬉しかったりしてます。(^_^)
 私の英語力というと英検3級程度なので、まともにコミュニケーションが取れる代物ではありませんけれど、翻訳サイトと辞書とうまく使えばそれなりになんとかなるものだなぁ、と少し自信がついたりして。(^_^)
 二年前にオーストラリアに旅行に行った時も身振りと日本語と片言の英語でそれなりになんとかなりましたしね〜。まあ短期滞在の旅行だったから、というのもありますでしょうけど、ペラペラ喋れなくてもそれなりのコミュニケーションは取れるものですね。
 ペリーヌみたい仕事の会話をするとなると、そんなことでは困るでしょうけれど。

★ももしゃん
 ももしゃんのご主人は英語とドイツ語の通訳翻訳をやっておられるんですか? 凄いですね。ペリーヌとテオドールの能力を合わせ持ってる感じですね。(まあテオドールのドイツ語力はどの程度か定かではありませんが……)

 DVDを持ってるといつでもゆっくり見られるのがよいですね。映像を所有できるなんて、うちらの子供の頃には想像も出来ませんでしたが、今はよい時代です。


先入観
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月9日(木)16時12分

こちらでは(数年前まで)手紙の差し出しや宛先が英文だと、
なぜか我が家に配達されてました。(^◇^;)

主人は、(郵便局員はローマ字読めんのかな??)と、
日本語に書き換えて再度ポストに投函したり、
(用事のついでに)配達を兼ねてましたー(^◇^;)
「英語はニガテ」って、先入観がいけないようですね。
私も外人さんからかかった電話にたった一言、
「ヒッズ、アウト、ナウ。プリーズ・コール・アゲン」。
私が外出先からかけた留守番電話を聞きくうちに、聞き覚えてて
《ひらめいた一言が通じた》瞬間、
このときは、天にも昇るほど嬉しかったわー(@^▽^@)

ビルフラン様が、身よりのないペリーヌを直ぐに秘書にした。
あの時の、喜びの気持ちが分かります^^


英語の話題ついでに少し宣伝させて下さい
投稿者 OKYAJun 投稿日 10月9日(木)23時46分

 英語の話題が出ているのに便乗して、ちょっとだけ宣伝させて下さい。もしもこの書き込みが
不適当ならば、言っていただければ削除しますので>眠夢さん

 実は私、英語の塾講師を勤めております。かねてから独自の英文読解法を研究していて、
その成果を参考書という形で某出版社の出版コンテストに応募したところ、第二次審査を
通過いたしました。最終結果は年末頃です。

 ペリーヌ・ファンの方々は割と年配の方も多く、もしかしたら子供さんが受験などで英語が
苦手で困っておられる方もいるかもしれません。私の参考書がきっと役に立つのではないかと
思うのです。今までの参考書とは異なる切り口で解説しており、きっと英文読解が得意になると
思います。決して誇大文句ではなく、自分の授業を受けて、3週間ほどで20点>70点まで成績を
伸ばした生徒もおります。

 まだ年末まで間がありますが、出版された暁にはぜひ皆さんに読んでいただきたいと思います。
受験だけではなく、ペリーヌ英語版を読む時にもきっと役に立ちます(強引だなあ汗)


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月10日(金)05時11分

★ももしゃん
 それだけももしゃん宅には英語の手紙がよく届くということですね。郵便局員さんもローマ字が読めないってことはないと思いますけど、やはりこれも先入観でしょうか……。
>「英語はニガテ」って、先入観がいけない
と、いうのは本当にそうだと思います。結構片言でもなんとかなる時ってありますし、なんとか通じたりすると、嬉しいものですよね。
 唯、私は電話で話す自信はないです。外人さんに道を聞かれたり、ということなら、日本語と身振りと片言の英語でなんとか出来ますけれど、電話は音声だけなので意思の疎通はより一層難しそうな気がします。
 でもそれだけに電話で話が通じた、というのは凄いと思います。

★OKYAJunさん
 OKYAJunさんは英語の塾講師をしておられるのですか。英語の得意な人も結構多いみたいですね。参考書を出版することになるかも、というのは凄いです。
 ペリーヌも当時のフランスが今の日本のように英語学習が盛んな国だったら、英語の教師とかそんな方法で生計を立てることも出来たかも知れませんね。

 宣伝の方はあまり推奨はしませんけれど、程々にということで……。(^_^;)


2004年アドレス帳。
投稿者 海瀬しずか 投稿日 10月12日(日)05時11分

こんにちは、お久しぶりです。名作劇場ではペリーヌが
一番大好き!な海瀬です。淋しい時や元気を出したい時には
よく昔録ったビデオを出してきて暖かい涙を流しています(^^;)

さて、先日デパートの文房具コーナーで来年使うアドレス帳を
ちょっと見に行きまして。「名作劇場シリーズ」でペリーヌを
含んだアドレス帳がありました♪お値段は¥1,000でした。
今、来年のアドレス帳はこれにしようかな・・・と思っています。
ちなみにラスカルとハイジは単独でありました。人気あるのでしょうね。

では、また。


おはようさんです^^
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月12日(日)05時44分

ペリーヌ13巻買いました^^
♪(*^ο^)るんるん
バロンは相変わらず気まぐれで役立たずー 
我が家のペット、白のペルシャ猫♀「プルルン」とおんなじね。^^
気まぐれで生意気で連れなくて、でも可愛いって得だね・・・(^◇^;)

まあ、「スタトレ」と「ペリーヌ物語」約20万ですか・・
これで、後の数年間は耐乏生活を余儀なくされますが、
大好きな「ペリーヌ」と「データ少佐」に何時でも会えるんで、
耐えて楽しく暮らせるでしょう(笑)

文字が読めるようになって、自分の意志で選んで始めて読んだ名作ー
「素直で優しく・・こちらから人を愛して生きてたら、きっと幸せになれる」。
物語のお母様が、娘ペリーヌに残した最後の言葉ー

両親の顔も知らなかった・幼い私の心にも「母の遺言」となって、
記憶の底で生きていたような気がします。
多分、私を残して死んでいった母の思いが、図書室にある多くの本の中から
「ペリーヌ物語」を選ばせたのかもー 


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月12日(日)06時35分

★海瀬しずかさん
 ども、お久しぶりです・・・、て、実はお名前、忘れてしまっていて、“誰だったっけ?”と、思案してしまいました。(すみません(^_^;))
 検索してみたところ、1998年11月7日(土)18時03分に書き込みして下さってる海瀬しずかさんですね。ども、書き込みありがとうございます。
 名劇のアドレス帳ですか。ペリーヌのイラストも掲載してるんですね。流石にラスカルやハイジのように、ペリーヌ単独の物はなかったとのことですが、知名度の点で仕方のないところでしょうか。名劇全般の物であっても、ペリーヌが掲載されてるというのは嬉しいですね。(^_^)

★ももしゃん
 ペリーヌDVD、全巻揃えられましたか。おめでとうございます!(^_^)
 数年間の耐乏生活はちと厳しいところですけれど、好きなアニメやドラマには替え難いものがありますよね。
 ん〜、バロン・・。確かに役立たずではありますけれど、ペリーヌにとってはいるだけで癒される存在なのでしょうね。役には立たなくてもペリーヌに対してはとても忠実だし、ペリーヌのことが大好きだってのがよく判りますもん。役に立つとか立たないとかそういうことだけで、価値が決まる訳じゃないですもんね。

 ももしゃんにとってはマリさんが理想の母親、みたいな存在なのでしょうか。初めて自分で選んで手に取った本だった、という辺り、本当にお母さんが引き合わせてくれたのかも知れませんね。


今日は祭日だった・(^^ゞ
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月13日(月)10時18分

>ももしゃんにとってはマリさんが理想の母親、みたいな存在なのでしょうか

ん・・・私には「母親」ってものが全く想像つかないんですよー
いろいろ「想像」してみようと試みてみても、結局何も出てこない・・
好きなものも苦手なものも・・無色透明の上、無味無臭・・
写真さえ見たことがないので、まったく「からっぽ」なんですよ。
だから、自分の母親像といったもの・全く浮かんでこないので、
それを思ったことはないですね(--;

ペリーヌの母、マリさんの場合も、自分の母親でなく、
小説を通しての「子供達への作者のメッセージ」として、そのまま受け取ってます。

ペリーヌ物語に出会った年(8歳くらいかな)を、今思えば、
恐ろしいほどに自分を「親の居ない者」として、受け止めていたんでしょうね。

で、バロンは「気まぐれ役立たず」と言われてますけど、
母親を亡くしたペリーヌが、一人旅の最中倒れてしまいましたが、
その時「パリカール」に、ペリーヌの危機をし知らせましたね。
(やっぱり犬の特性を発揮させましたね)
辛い悲しい物語を、明るいものにしてくれたのがパリカールとバロンですね。
理屈ではない、強要されるのもでもない、家族同様に愛された動物たちの、
自然な振る舞いの中から、「なごやか」を引き出しているのが素晴らしいですね。
最後にバロンは、何時もペリーヌと一緒だった事で、
「オーレリィ」が「ペリーヌ」であることを、証明する存在でもあった訳で、
バロンは、人目見たら忘れない・特徴のある変な顔そのものも、
決して「役立たず」ではありませんでしたね^^


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 10月14日(火)17時26分

★ももしゃん
 なるほど。理想の母親、というのとはちょっと違いますか。想像つかないと言われるとそういうものかも知れませんね。
 逆に両親が揃っていると、自分の親というのが基準としてあって、そこから理想、というのを作り上げる、ということになるのかも知れません。
 私なんぞもマリとペリーヌのような親子の絆、みたいなストーリーを見ると感動するのですけれど、実際の親とはあんまりうまくいってなくて、その分余計に親子の仲のよい姿を見ると感動してしまうようなところがあるようです。

 バロンやパリカールとペリーヌたちとの結びつきにも素晴らしいですよね。バロンもパリカールもペリーヌが大好きだっていうのが伝わってきますし、それはペリーヌもバロンやパリカールが大好きだから、なんですよね。
 人ではありませんけど、これも『人に愛されるにはまず自分が人を愛さなくては』というのが当てはまるでしょうか。ペリーヌはバロンやパリカールの存在で随分と癒されていたと思います。
 後半、いろいろ難しい立場に追い込まれていたペリーヌもバロンとふざけあっている時だけは無邪気で純真な子供らしい笑顔を見せていて、ほっとさせられました。


お早うございます。
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月15日(水)05時10分

お日様より早起きのももしゃんです^^

眠夢さん お早うございます(*^_^*)

>逆に両親が揃っていると、自分の親というのが基準としてあって、
>そこから理想、というのを作り上げる、ということになるのかも知れません。

これは多分に有ると思いますよ。「理想の家庭」ってね。
「自分ん家と、よそん家」の違いを素早く見つけて・・
「あっこは違う・・」とか・・悲しい事だけど、
そこら辺りから、人間に付き物の差別や偏見が生まれるんだと思いますー(^^ゞ

小説では、よく親の居ない子供が主人公になりますが、
実際、親の顔も知らない子は、「無口でおとなしい」です。
親の居ない子は大人の目を意識して、何時も張りつめて生きてますから、
孤児の笑顔っていうのはすべて、職員や周囲に気遣う「造り笑顔」です。
(我が儘は絶対言わないし、人前でわ〜わ〜泣いたりしません。
 声を押し殺して忍び泣くんです)
そう、わざと朗らかに振る舞って見せる習性なんですよ。
実際、感情を表に出すことがないので、明るい子そのものが「小説」だと思います。

私の場合、母親というのは「道徳」です。
道徳を如何に身につけ、生きていけるか・・時には悪魔のささやきというか、
怠け心や、諦めの境地に追いつめられる事も多々あります・・って言うか、
道徳を重んじ人道を守って生きて行くことが、如何に難しいか・・

娑婆では、道徳を重んじて生きている人は殆ど居ない・・
気がつけば、ただただ疑うことも知らず、
陰日向無く生きている「正直者」は自分だけだった・・(--;

親の死さえ知らないから、返って、自分の親の証のような(見守っている)気がして
定めに流される事はあっても、人道に背く事はできなかったです。
道徳を重んじて、今日という日を生きることが戦いでした。

そういった面で、改めてペリーヌの一人暮らしは共感できるものでしたよ。
実際、私も14歳で社会人になりましたけど、10歳くらいから、必要なもの
(スカートや下着など)また欲しい物、(漫画本や着せ替え人形、編み針)
など、すべて自分で作ってましたので、お陰で起用になれました(*^_^*)


あちゃ〜
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月15日(水)05時16分

ながくなってしまった〜〜。・゜゜・(×_×)・゜゜・。ごめんね。。。。

それと、この場合は、「起用」じゃなくて、「器用」だったよね・・・(x_x)


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 10月15日(水)18時17分

★ももしゃん
 親のいない子、というと名劇作品では非常に多いですね。ちょっと考えただけでも、ハイジ、ネロ、アン、トム・ソーヤー、ジュディ・アボット、など思いつきますし、物語の途中でみなしごになるのが、ペリーヌ、セーラ、ポリアンナなど、スターリングやセドリックやカトリは片親です。でも全く身寄りの人がいないのはアンとジュディくらいでしょうか。
 親の顔も知らないというと、ハイジ、ネロ、くらいでしょうか……。同じように親がいないといっても周りの環境、親切な人がいるか、意地悪な人の世話になってるか、などいろいろあるでしょうけど、両親とは違うでしょうし、大人の目を気にして気を使うことを覚えるというのはありそうですね。
 道徳が親の証、のように考えるのも、やっぱり世間の目が冷たい時もありますし、後ろ指を指されないように張り詰めて生きている、ということなのかな、と思います。

 必要なものや欲しいものを自分で作っていたというのは凄いですね。止むに止まれず、というところもあったのでしょうけど、そういう技を身につけるというのは自分にとっての財産になりますもんね。
 私も17歳で、社会人になって、一人暮らしを始めましたけれど、出来ることってあんまりないです。(^_^;) 自分の食事くらいは作れますけれど、その他の家事に関してはおざなりです・・。多少、部屋が散らかってても平気な性格してるのが、幸いだったのか、災いしてるのか……。(^_^;)

 長文云々に関してはこのくらいならどうってことないので、気にしないで下さいね。


あ・・
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月15日(水)19時27分

>そこら辺りから、人間に付き物の差別や偏見が生まれるんだと思いますー(^^ゞ

ここの所、(少し言葉が足りなかったかな〜)と思って来たら、
眠夢さんのカキコが・・・・(^^ゞ

でも、ちゃんと分かって下さってるんで、嬉しかった(*^_^*)
そうなんです。「理想の家族」って、平和、思いやり、福祉と進みますけど、
マイナス面は「差別と偏見」と言った形で現れますね。
施設という規則に管理された「箱入り娘」は、本当に辛かったです。
「正直」って、人を傷つける面も多いんだって気がついたのは、40も過ぎてからです。

若い頃に、「イヤなことを要求されてらイヤと言っても良いんだよ」。
「可愛い我が儘は言っても良いよ」。「たまにはスネテみるのも良いものよ」とか、
誰かが一言言ってくれたら、少しは気楽に生きられたんだけどねー(^◇^;)

今は好きな時間に起きて、生活費と相談しながら許される範囲好きな事をして、
のんびり暮らしています^^ 

>。(^_^;) 自分の食事くらいは作れますけれど、その他の家事に関してはおざなりです・・。
多少、部屋が散らかってても平気な性格してるのが、幸いだったのか、災いしてるのか……。(^_^;)

それが出来たら十分ですよ。^^
それに部屋ってのは、どうしても散らかるもんです。
我が家には「散らし屋さん」(=^u^=)ミャー が居るんで・・
掃除は一日怠ると・・。。・゜゜・(×_×)・゜゜・。



こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 10月16日(木)17時26分

 ん〜、差別や偏見ってのは結局コンプレックスの裏返しのような気もしますけれど、自分よりよい生活をしてるものに対するコンプレックスがあるから、自分より下と見える対象を差別することで溜飲を下げてるのかな、という気がします。
 マリさんも道徳に縛られているような傾向がありますね。「人に愛されるにはまず自分が人を愛さなくては」とこれは素晴らしい言葉ですが、自分を律しようとする余り、かなり窮屈な生き方をしている気がします。インド人の血が流れているということで、白人社会の中で、いろいろ苦労してきた結果なんだろうな、と思います。

>「イヤなことを要求されてらイヤと言っても良いんだよ」。
>「可愛い我が儘は言っても良いよ」。
>「たまにはスネテみるのも良いものよ」

 それも自然に身につけている人にはよいのですけど、こういうことに慣れていない人にはどの程度までなら許されるのか、という基準が判りにくくて、躊躇してしまう傾向があるような気がします。
 私も我が儘な性格している人ですけれど、人に接する時には引っ込み思案になってしまいます。唯、ある程度以上親しくなると我が儘な面が出てしまって、どの程度までならOKなのか、という距離感というかその辺が判らなくて、勇み足気味になってしまって、結局嫌われたり、みたいなことが結構あるような気がしてます。

 散らかし屋さんの猫さん、ある意味迷惑な部分もあるけど、でもやっぱりかわいいという辺り、ペリーヌにとってのバロンと共通してる気がします。


おはようさん^^
投稿者 ももしゃん 投稿日 10月19日(日)09時19分

>こういうことに慣れていない人にはどの程度までなら許されるのか、
>という基準が判りにくくて、躊躇してしまう傾向があるような気がします

(^◇^;) ・・・・まあ・・普通の家庭で育った人にとってはそうかもー

でも、私の場合、もし言ってくれる人に出会っていたとして・・
多分、我が儘やスネて見せるような事はできなかったでしょう。

でも、イザという時、(身体的に)追いつめられた時は、
「イヤ!」と言って(私も、他の女の子のように逃げても良いのだと知る)
逃げられたと思います。

話題が主題から離れたんで、もうこれで終わりにしましょうー
もし、私が「施設育ち」って事で興味がおありでしたら、
「メール」でも下さい^^






おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月20日(月)06時14分

★ももしゃん
>>こういうことに慣れていない人にはどの程度までなら許されるのか、
>>という基準が判りにくくて、躊躇してしまう傾向があるような気がします

>(^◇^;) ・・・・まあ・・普通の家庭で育った人にとってはそうかもー

 ん〜……。普通の家庭といっても千差万別ですし、イヤなことをイヤと言えない、我が儘がうまく言えない人は沢山いると思います。
 我が儘行ったり、スネて見せたり、というのはなかなか簡単なことではないですよね。度が過ぎると相手を怒らせたり、傷つけたりということになりかねませんし、かと言って、それを恐れ過ぎると自分が傷ついてしまうこともあり……。
 人との関係というのは難しいです。


どうして、このような物が・・・
投稿者 太田 投稿日 10月22日(水)07時21分

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d39544984

見てのとおり、ペリーヌ 35ミリフィルムです。

でも、フジテレビに納品されるのは、16ミリフィルムだったようで
・・・・・・
劇場版なら、35ミリフィルムですけど、上映用フィルムは
1本しか、つくられていないように 言われていて、
どうして、このような物が・・出てきたのかなと思うわけで・・・

さっそくの入札はzuiyo_windの人でした。


2003年も終わってしまうのだね
投稿者 ぱとらっしゅ 投稿日 10月22日(水)13時33分

あ、迷った。。。こちらにカキコした方がよかったのかも

はじめまして、こんにちは
ヤフオク見ていたら今年のカレンダーが出ている、あと二ヶ月で今年も終わり!
10月はペリーヌです。。。みんなきっともう持っているでしょうが

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g8508433

宮崎アニメの元本の「ハウルの動く城」はサービス満点でおすすめ


こんばんは。
投稿者 眠夢 投稿日 10月23日(木)03時04分

★太田さん
 ふむ。大変、稀少なもの、という意味でしょうか。たぶん、頒布されたものなのでしょうけど、マニアさんなら手放す人も少ないでしょうし、なかなか出てこないものなんでしょうね。

★ぱとらっしゅさん
 こちらでもよろしく。(^_^)
 今年のカレンダーですか。カレンダーとしては既に価値は少ないですけれど、ペリーヌのイラストが掲載されてるというのはちょこっと気になるかも、ですね。
 確か来年のものにはペリーヌはない、という話だったように思いますし……。


Re:どうして、このような物が・・・
投稿者 おじさんの甥 投稿日 10月23日(木)04時43分

太田様

劇場版ペリーヌ物語公開時に、劇場入り口で配られたものです。確か池袋だと思いましたが。
私も所有していましたが、しおり代わりに使用していたら無くしてしまいました。

同時上映が「緑山高校」で私を含め2人しか入場者がおらず、ペリーヌの上映が終わったら、
出てきてしまいました。


無駄に見えますが
投稿者 nambu 投稿日 10月23日(木)06時15分

システム上、初号プリントというものが、必ず作られます。
これは、関係者・スタッフが試写するもので、公開用が例え1本でも、別に作られます。
従って、プリントが1本しかない、という事は、ありえません。

また、メインキャラクターのバストショット以上というのは、そう多いわけでは有りませんので、プリントを通しで焼いて、よさそうなところを切り取っていては、不経済です。
多分、使えそうなものを、何パターンか焼いていると思います。


まあ いなかは・・・・
投稿者 太田 投稿日 10月23日(木)21時33分

映画で、当たらなかったものを見ようとすると
苦しいですね。

ペリーヌ劇場版での、上映用1本だけ・・・というのに
根拠はありません。

以前に「赤毛同盟」に加入していたおりに、そのように
感じられるような記述のあるものが、あったような気が
するような・・・・そんな気がして・・・・・


nambuさん

まあ、なにごとにも試運転は必要と思いますけど、
ただ、ペリーヌ劇場版は、オクラ入りの期間がすごく
長かったので ちょっと・・・・


こんばんは
投稿者 眠夢 投稿日 10月24日(金)03時13分

★おじさんの甥さん
 太田さんの言ってたフィルムは劇場版公開時に配られていたものなんですか。結構、こういうものって失くしてしまいがちですけれど、ある程度出回っている、ということでしょうし、保管している人がいても不思議はないってことなんですね。

★nambuさん
 なるほど。劇場で配るとなるとそれ用に複製が作られていたというのは、当然、ありそうなことですね。
 どうせ配るならキャラがしっかり映ってるものの方がよいでしょうし、その辺は考えられてるんですね。

★太田さん
 事情が判らないと不思議なことでも、事情を知ってる人の話を伺うといろいろと判ってくることがありますね。


例のフィルム
投稿者 太田 投稿日 10月25日(土)11時21分

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d39544984

テレビシリーズでは、第32話「名前の秘密」での、
ピキニからの帰り・ファブリさんに「ペリーヌ」と
指摘され・・・・
「おねがいです。だれにも言わないでください」
というシーンでした。
ちなみに、ライターといっしょに写っているのが
正像で、フィルムだけのは、左右逆です。


劇場公開
投稿者 なみかもめ 投稿日 10月25日(土)14時07分

初めて書き込みをいたします。
少し前よりこの掲示板を拝見させていただいておりました。

わたしも、ペリーヌ物語の劇場版を東京まで見に行ったひとりです。
チケット情報誌の小さな記事を姉が見つけて、
ペリーヌ好きだったわたしに教えてくれました。

ビルの中の小さな映画館で上映されたように記憶していますが、
わたしが見た回は、たくさんの人で映画館が満員になるほどでした。
そして、入館の際にあのフィルムの一部がプレゼントされていました。
わたしは、ペリーヌとロザリーの映ったものをもらいましたが、
残念ながら見つからないので、この機会に探してみようと思っています。

わたしが見た回の上映ではハプニングがありました。
映画が始まってしばらくしたとき、いきなりスクリーンが真っ黒になって、
上映が止まってしまいました。
映写機が故障したのか、タマ切れになったのかわかりませんが、
少ししてからもう一度初めから上映されたので最後まで見られました。
みなさんの中に、おなじ回の上映をご覧になった方が
いらっしゃるかもしれませんね。

これからも書き込みさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いします。


おはようございます。
投稿者 眠夢 投稿日 10月26日(日)05時31分

★太田さん
 ふむふむ、なるほど。

★なみかもめさん
 いらっしゃいませ〜! 書き込みして頂いてどうもありがとうございます!!(^_^)
 ペリーヌ物語の劇場版を映画館で見られたんですね。おじさんの甥さんの話では観客はかなり少なかったようですが、なみかもめさんが行かれた時にはほぼ満員でしたか。時期とか曜日とか時間帯とかでこの辺は差が出てくるものだと思いますが、沢山の人が見にきてた、という話を聞くとなんか嬉しいです。(^_^)
 プレゼントだったフィルム、なみかもめさんの貰ったものはペリーヌがロザリーと一緒に映ってるものでしたか。見つかるとよいですね。

 上映中に突然、スクリーンが真っ黒って・・・、そういうこともあるんですね・・。私はそういう経験ありませんけれど、元々、映画ってあまり見に行かないので知らないだけかも知れません。
 でももう一度最初から上映し直してくれたというのは、対応としてはよかったんじゃないかと思います。

>これからも書き込みさせていただきます。
>どうぞ、よろしくお願いします。

 はい、こちらこそよろしくお願いします。(^_^)


はじめまして
投稿者 たま、 投稿日 10月27日(月)14時54分

素晴らしいホームページですね、ひとつひとつのページを、
ゆっくりと味あわせていただきたいと思います。

ペリーヌが大好きで、全話まばたきするのももったいなく思いながら見ておりました。
恐る恐るパソコンをいじりだしてからやっと一年くらい、
webの世界に入ったのは、もっと後なのですが、
ペリーヌ物語を愛していらっしゃる方がいっぱいいらっしゃるのを知って、
とっても幸せな気持ちになりました。webやって良かったです。

本放送中ペリーヌは、学校の仲間達の間では、あまり話題に上りませんでした。
どうも、地味に感じる人が多かったようです。
でも、友人のおとうさんの、学校の先生とか牧師さん等といった、
真面目なおじさん方の評価は高かったので、「うん、うん!分かってくれる人もいる♪」
と、うれしく思ったものでした。

何年か前、神奈川のローカルテレビ局でペリーヌが再放送されているのを途中で気付き、
録画いたしました。20年間くらい「もう一度見たい!」と思い続けていたので、
夢のようでした。

やはり、『幸せの涙が流れる時』のラスト5分は、何度でも見てしまいます。
何度見ても涙です。
それで、感涙にむせびつつ絵を描いてしまいました。
私なりの思い入れが入っているので、イメージがズレてるかもしれませんが...

http://apatama.hp.infoseek.co.jp/gazou4.html/perrine003m.jpg

長々と失礼いたしました。これからも、素敵なページを楽しみに立ち寄らせて下さい。


こんばんは。
投稿者 眠夢 投稿日 10月27日(月)17時47分

★たまさん
 いらっしゃいませ〜! 書き込みして頂いてどうもありがとうございます!!(^_^)
 本放送の頃からのファンの方ですね。ペリーヌのファンの人というと身近にはあまりいないことも多いですけれど、Webの世界では全国の人がアクセスして下さいますし、私もこのHPを始めて、沢山のペリーヌファンの方と知り合うことが出来ました。
 どちらかというとマイナーなアニメのファンの人にとって、Webの世界というのは本当にありがたいものですね。

 ペリーヌ、確かに地味に感じる人はいるんでしょうね。唯、後半の息もつかせぬ展開は名劇作品の中でも最も素晴らしいものではないか、と私は思ってます。
 幸せの涙が流れる時は何度見てもやっぱり泣いてしまいますね。(^_^)
 イラスト、拝見しました。ペリーヌの表情がよいですね。差し支えなければ、うちのHPのイラストコーナーの方に掲載させて頂けたらと思うのですが、どうでしょうか?

 ではでは、よかったらまた立ち寄って下さいね。


フジテレビに納品される16ミリフィルム説ですが。
投稿者 村雨健次 投稿日 10月28日(火)21時33分

〇太田さん。
 
 こんばんは。
 
 フジテレビに納品される16ミリフィルム説ですが私はそれはないのではないかと思いたいのですが。
以前お話しましたが、52話全て、35ミリフィルムでトランスアーツ鰍フ中野スタジオで撮影しました。
 そのまま、編集して納品されたのではないのでしょうか?
 
 オークションにあったフィルムは、不要カットではないかと思います。
 タイミング撮りを含め、いわゆる取り直し分でいらなくなったものです。
 リテーク、再リ、再々リ、はフィルム確認後の作業ですから、NGフィルムはかなり出てました。

 ちなみに、私は、一巻400フィートノーミスは、あらいぐま、ペリーヌ、赤毛で、一度しかできなかったです。
ネガであれば、NGカットがかなりあったということになります。
 
 どうでしょう?


こんばんわ
投稿者 たま、 投稿日 10月28日(火)23時17分

今日は、お昼休みを長めにとって、36〜38話を観ました。
37話の、ビルフランが原料の品質を見抜く様がいいなぁと思いました。

色々、書きだしたらキリが無いですが...
ペリーヌのように良く出来た子のことを、出来過ぎだとか、いい子ちゃんみたいに、
思わずにいられるのは何故だろうと、日々思っています。
素直さと さっぱりした感じが、とっても心地良いからかな...
ほんとに素敵な物語ですね。
私にとって、名劇作品の中では、やはり一番 心が吸い込まれていく作品です。

イラストの方は、お気に召して頂けるようでしたら、どうぞよろしくお願いいたします。
イラストも喜ぶことでしょう。

私のサイトは、HP作成ソフトとかも無しで、不慣れなHTMLを打ち込んでいる状態なので、
思ったようなページを、なかなか増やせずにいますが、
ペリーヌの絵を気持ちを込めて描いて、感じた事も少しずつでも書き留めて、
ペリーヌ専門のページを作ってみたいなぁと思っています。

それにしても、一生ものの物語りだと思いました。
何十年か歳をとって観ると、その時になって初めて気が付いた事や、
味わえる事があるようですね。

それでは、また(^^)/


35
投稿者 太田 投稿日 10月28日(火)23時36分

村雨健次さん

うちでは、ペリーヌTVシリーズ35ミリフィルムが
作られなかったと強弁できる根拠はありません。

ただ、35ミリフィルムから放送送出できる機材のあるテレビ局が
どのくらいあったかな・・・というあたりで・・・

地方の局では、当時も現在も35ミリフィルムの機材は
ないと思います。

かつては、テレビ局の取材は16ミリフィルムでおこなわれていた
時代もあり、どこの局でも、16ミリ機材があったと思われます。

そういうあたりで、地方の再放送は16ミリフィルムという
ことになりますね。

他のアニメ制作会社は、16ミリフィルム納品とされていた
ですし・・・・・

要は、TVシリーズの16ミリフィルムは作られたが
TVシリーズ35ミリフィルムが作られたかどうか疑問です。


あと
>オークションにあったフィルムは、不要カットではないかと思います。

賛成できかねます。
理由は、光学サウンドトラックのあるフィルムであるということで・・・

 



オークションのフィルム
投稿者 まるふく 投稿日 10月29日(水)00時04分

オークションのフィルムでの推理です。

映画館でのサービス品とすると、
可能性としてあるのは、ペリーヌ映画は製作するときに、元のTVシリーズの
完成品の35ミリから再編集しているとおもいますが、この時のカットの余りが
大量に出たので、それを適当に選んで配布したのでは無かろうかと思います。
だから、サウンドトラックが有る。

画質から言って絶対に元が16ミリではDVD等のあの解像度は出ません。
TVシリーズのフィルムが35ミリものがあることは確実でしょう。

その上、村雨さんは35ミリで実際に撮影された方なので、お話は確かにそうでしょうし、
当時キー局には絶対に35ミリテレシネ機材は有ったと思います。
そして、全国ネットで放送した時点なら、時差放送でも、CMの事もありますから、
各局でテレシネなどせず、CM付きの状態で1インチVTRでキー局から届いている
可能性も否定出来ません。
ただ、再放送を地方局がする場合は16ミリからのテレシネでないと困るという
可能性も大ですね。
というわけで、放送用には35ミリも16ミリも有ったと思います。



16mmと35mmのたわいないお話です。
投稿者 村雨健次 投稿日 10月29日(水)08時59分

〇太田さん。
 
 おはようございます。
 
 私が撮影に携わった内訳です。35mmは信じていただいてよいです。

 35mm
 「あらいぐまラスカル」(フジテレビ)
 「日本まんが絵巻」(TBS)
 「ペリーヌ物語」(フジテレビ)
 「大雪山の勇者・牙王」(フジテレビ)
 「赤毛のアン」(フジテレビ)
 「シートン動物記・リスのバナー」(朝日放送)
 「まえがみ太郎」(フジテレビ)

 16mm 
 「ドカベン」(フジテレビ)
 「若草のシャルロット」(テレビ朝日)
 「はいからさんが通る」(朝日放送)
 
 中野、井草?
 「花の子ルンルン」(テレビ朝日)

>オークションにあったフィルムは、不要カット
 
 なのですが、
 
 35mm
 「ルパン三世 ルパン VS 複製人間クローン」東京ムービー新社制作
 制作時、スタジオに出回りまして、私がしくじったカットがありましたので
そう思ってました。確証はありません。
 

>光学サウンドトラック

 この辺詳しくないのですが、当時音は別で、「はいからさんが通る」一話の前半、音づれがあり、
24コマ/1秒と30コマ/1秒の説明を訊いた覚えがあります。
 でも、太田さんの言うように、サウンドが入っていますね。

それにしても、25年前の話ですね。


製作コスト
投稿者 nambu 投稿日 10月29日(水)11時35分

製作コストから考えると、編集は、TVシリーズのラッシュフィルムを利用したはずです。
これは、プリントを、53話分、編集用に焼くだけで、膨大な費用がかかるからです。
実際に作られるのは、20話分程度かもしれませんが。
ところが、TVシリーズのラッシュならば、事実上「ただ」です。
それに、作業用プリントに、音声トラックを焼き込む事は、有り得ません。
映画・TVの原版は、絵と音、別にされており、プリントする時に合成されます。
まして、ペリーヌ劇場版は新録音ですので、元の音声トラックは、「じゃま」に成ります。

次に、各話のネガ原版から、デュープ(コピー)を取ります。
先に作った、劇場用ラッシュのカット表に合わせて、編集さんが、TVシリーズのネガ原版のパーフォレーション穴に、紙縒り(こより)を入れて行きます。
これを、現像所が複製し、編集スタジオが繋ぎます。

ですから、音声トラック入りのフィルムは、意図的に焼かなければ、出て来ないです。


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 10月29日(水)17時25分

★村雨さん、太田さん、まるふくさん、nambuさん
 盛り上がってますね。私はこの辺の話題は門外漢なのでよく判りませんが、お話を聞いているといろいろ参考になります。
 元々のフィルムは35ミリで作られるものの、テレビ放送用には35ミリフィルムの場合と、16ミリフィルムの場合がある、というようなことですね。
 ふ〜む。劇場版は35ミリフィルムから作られて、編集した時に余った分か、それとも特定の場面を複製するかしてプレゼントに使われた、というようなことになるんでしょうか。
 的外れだったらすみません。(^_^;)

★たまさん
 イラストの方、ではお言葉に甘えて、近日中にイラストコーナーに掲載させて頂きますね。

 原料の品質を見抜く場面というとペリーヌがタルエルやテオドールの前でテストされた場面ですね。ビルフランの仕事に対する厳しさやペリーヌの注意力(かな?)とかが現わされているシーンですね。

 ペリーヌは確かに出来過ぎたいい子、というイメージもあるかと思いますが、いろいろと苦労してきましたし、工夫して生活を豊かなものにしている姿なども描かれていて、そんなペリーヌの姿から、見る方も彼女のことが好きになってしまって、いい子過ぎたとしても嫌みに感じないようなところがあるんじゃないかと思います。

 HP作成も考えておられるんですか。ペリーヌ関係でもここ以外でも素晴らしいHPを作っている方が何人もおられますが、それぞれに作品に対する思い入れが伝わってくる、本当にペリーヌが好きなんだなぁ、と感じさせてくれるHPを作っておられます。
 アニメ関係のHPを作る場合、その作品が好きっていう気持ちが一番の原動力になると思いますし、たまさんも素敵なHPが作れるように頑張って下さい。(^_^)


namubu説納得、あのフィルムは
投稿者 まるふく 投稿日 10月30日(木)23時57分

namubuさん
なるほど、TVシリーズのラッシュフィルムが残っている間なら、それを再利用する方が
手っ取り早いですね。その上低予算ではそれがベストですね。

某アニメの廃棄処分されたラッシュフィルムを驚くぐらい安い値段で、
手に入れた事が有りましたが、確かにどうせ捨てるものですから切り刻むのも
気楽なものですね。

まあ、家庭用ビデオも有る時代ですからあたりはビデオでつけてラッシュ
フィルムにあたって元ネガを指定していくという可能性は高いでしょうね。

最後に残る謎、映画館でサービスに配られたフィルムの切れ端はどこから
用意されたのでしょうね。
沢山あるくずフィルムから適当に選ばれたのかもしれませんが...


こんにちは。
投稿者 眠夢 投稿日 10月31日(金)17時20分

 イラストコーナーにたまさんから頂いたイラストを掲載しました。

★まるふくさん
 劇場版の編集ですね。コストというのも重要な問題ですもんね。
 プレゼント用のフィルムはそこからは出てこない、となると、どっか別のところから持ってきたということになりますが、さてどうでしょうか。
 前にnambuさんが書いておられたように、使えそうなものを何パターンか焼いて、、という方法が有力でしょうか……。


☆ペリーヌ物語の部屋に戻る
☆夢のほとりに戻る
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO